*

熱中症になったらどうしたらいい?症状別処置方法

公開日: : 最終更新日:2015/03/31 健康 ,

ここ数年、夏になると焼けるような暑さの日が続きますね。昔に比べて平均気温が上がり毎年どこかの地域で「過去最高気温」を記録するようになりました。

そんな中叫ばれるようになったのが「熱中症」。

我慢した結果、命をも奪って行ってしまう恐ろしい症状です。しっかりと対処法を知っておきましょう。

今回は熱中症になったらどうしたらよいのか、その処置方法を紹介します。

SPONSORED LINK

熱中症になったら

熱中症とは高温の環境下で体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温などの調整機能が破綻するなどして起こる症状の総称です。

めまいやたちくらみ、筋肉痛・筋肉のけいれん、大量の発汗が起こった時は初期の熱中症の危険性があります。こういった症状が出た場合は、まず涼しい所に移動して休憩しましょう。服装を緩め、わきの下や首、内またなどの動脈を保冷剤などで冷やします。少し落ち着いたらスポーツドリンクなど塩分の入ったドリンクを少しずつ飲みます。

頭痛などの症状がある場合

熱中症は中度になると頭痛や吐き気、体のだるさが起こります。涼しい場所で休んだりスポーツドリンクを飲む事に加えて足を髙くして休むようにしましょう。暫く休んでも症状が変わらない場合や水分補給が自力で出来ない場合は、すぐに病院に行って点滴を受ける事が必要になります。

重度の症状になると体温が高温になったり意識がなくなったりします。また、体が激しく痙攣を起こしたり、真っ直ぐに歩けなかったり呼びかけに対して正確な返事が出来なくなったりします。こんな時はすぐに救急車を呼びましょう。そして、涼しい場所に連れて行き、動脈を氷などで冷やしながら救急車の到着を待ちましょう。少しでも水分が取れるようなら飲ませます。

熱中症

熱中症にならないためには

熱中症は屋外だけでなく高温の屋内でも起こります。室温が28度以上にならないようにエアコンや扇風機を使いましょう。屋外では、出来るだけ日なたにいる時間を減らし、こまめに水分補給をします。汗と共にミネラル分が流れて行きますのでスポーツドリンクを少しずつ補給する事がお勧めです。

日なたにいなければならない時は帽子をかぶるなど直射日光が当たらないようにします。

夜、寝ている時にも熱中症にかかる事があります。ひんやりする布団のシーツや扇風機・エアコンを使用し、寝る前に水分を補給しておきましょう。

こちらに熱中症の症状と対処法を分かりやすく説明した動画がありますので参考にして下さい。

梅雨が終わると熱中症対策グッズが店頭に並びます。濡らして使うスカーフや首の後ろを守る垂れの付いた帽子、タオルに吹きかけると冷たくなるスプレーなど沢山の商品があります。屋内では扇風機の後ろにセットする事で冷風を出す事の出来るグッズもあります。これらをうまく利用して快適に夏を乗り越えましょう。

スポンサーリンク
 

関連記事

膝の痛み

膝が痛い!どの病院に行けば良い?

こんなお悩みはありませんか? ・階段の上り下りが辛い ・下に落ちた物を取る時に痛みが走る

記事を読む

松茸

【松茸の豆知識 part2】アレルギーがある?松茸を使った慣用句

その独特の香りが好まれ希少価値の高さから秋の味覚の王様とも言われる「松茸」。 そんな松茸にアレ

記事を読む

焼き菓子

ショートニングが危険って本当?ってことは何がダメなの?

ショートニングと言う食品を知っていますか?名前は聞いた事があるけど実際どんな食品なのか分からない!と

記事を読む

くぎ煮

いかなごを美味しく食べられるくぎ煮のレシピ

いかなごという魚を聞いた事のない方も多いかもしれません。しかし名前を変えると・・・?関東方面では「こ

記事を読む

宴会

黄連解毒湯を飲んでおくとお酒に酔わないって本当?

東洋医学の最高峰でもある「漢方」。自然由来の生薬を混ぜ合わせる事で人々の体に作用し根本的な体質に作用

記事を読む

花粉症 薬

眠くならない花粉症薬で効果的な市販薬の選び方

春先から花がムズムズ、目がかゆくなってくしゃみが止まらなくなって来る花粉症。しかし、薬を飲むと眠気に

記事を読む

肌荒れ

花粉による肌荒れを対策しよう!効果的な方法はコレ

季節の変わり目に肌の状態が変わる事はよくありますが、その原因を知っていますか?肌荒れの原因としては、

記事を読む

インフルエンザ検査

インフルエンザの検査の方法は?値段はどのくらい?

冬場に高熱を出すとインフルエンザの検査を勧められます。いったいどのような方法で検査をするのでしょう。

記事を読む

花粉1

妊娠しても大丈夫な花粉症薬の選び方

風邪をひいてもお腹を壊しても簡単に市販薬に手が出せないのが妊婦さん。特に毎年春になると必ず花粉症を発

記事を読む

カイロプロテクター

カイロプラクティックの効果とは?自律神経失調症にも効くの?

カイロプラクティックと整体の間には大きな違いがあるって知っていますか? 何となく聞いたことがあ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA





PAGE TOP ↑