*

卵アレルギーの大人の症状はどんな風?治療したら治るの?

公開日: : 最終更新日:2015/03/22 未分類 , ,

子供のアレルギーとしての認知度の高い卵アレルギー。体の消化器官などの成長により改善される場合がほとんどです。しかし改善されないまま大人になった人、また大人になって発症した人など大人でも卵アレルギーに苦しむ人も多くいます。

今回は、卵アレルギーの大人の症状などについて解説します。

SPONSORED LINK

卵アレルギーを持った大人の症状

症状の強さは摂取した量や卵白・卵黄・全卵どれを食べたのか、生食か火を通したのかなどによって変わりますが基本症状は子供と同じで、

  • 卵が触れた部分の痒み・湿疹
  • 気管支喘息
  • じんましん
  • 胃腸障害

といった症状がでます。

胃腸障害の場合は気付きにくい事が多いですが、卵を食べると気持ち悪くなる場合はアレルギーを疑った方がいいでしょう。

また

  • 呼吸困難
  • 血圧低下
  • 顔面蒼白
  • 意識混濁

などのアナフラキシーショックを起こす場合もあります。
卵は練り物や揚げ物にも使われているケースがありますのでアレルギーがある場合は加工品の原材料にも注意するようにしましょう。

オムレツ

そもそも卵アレルギーの原因とは?

食物アレルギーの上位3つは、卵・乳製品・小麦です。
特にアレルギー患者の40%は卵アレルギーだと言われています。多種多様な食物がある中で卵だけにアレルギーが集中するのでしょうか?

それは、卵を構成するタンパク質に原因があります。タンパク質がただ多いだけなら肉類の方が患者数が多いと思いがちですが、問題なのはタンパク質の量ではなく構造です。卵にはアレルギーを起こしやすい構造をしたタンパク質が多く含まれているので患者数も多くなってしまうのです。

卵アレルギーの検査をすると「卵黄・卵白・オボムコイド」と言う3つの項目を調べます。このオボムコイドとは「加熱した卵にもアレルギーがあるのか」を調べる項目です。生や半熟は食べられなくても完全に加熱してあれば食べられる人もいますよね。これは加熱によってタンパク質が壊れたから。卵のタンパク質は特に熱に脆いのです。

卵アレルギーの治療法

子供は成長するに従い段々と無くなって行く場合が多いですが、大人はなくなりません。それどころか体調の変化や加齢により悪化する事もあります。ごく少量ずつ摂取し、体を慣らして行く治療法もありますが、必ず医師の指導を元に行なう事が大切ですし、量を間違えると重篤なアレルギー反応が出る危険性があります。このような事情から、以上の治療法は実際にはあまり浸透はしていません。実際には、ほとんどの方が摂取しない事で反応が起こらないようにしています。

卵

食物アレルギーに対する認知度が随分上がってきたとは言え、大人で卵アレルギーと言えば「卵は子供のアレルギーでしょう?」と言う人もまだまだ沢山います。大人になると飲み会など外食の機会も増えますが、卵の入った食品が沢山使用されていますよね。その場で困る事にならないようにそう言った場に行く前にアレルギーである事をしっかり伝えておきましょう。言いにくいから・・・少量なら・・・と口にするのは危険ですよ!

スポンサーリンク
 

関連記事

激安でケニアにサファリ旅行する方法とは

ケニアでサファリをして動物を見たいけど、どのツアーも高すぎる・・・。 激安でサファリ旅行はでき

記事を読む

驚き

源泉税の納付期限は?過ぎてしまったらどうなる?

 あ!納付期限過ぎてた!加算税がかかる・・・orz  あわてないでください。もしかしたら加算税

記事を読む

腱鞘炎

腱鞘炎の湿布の貼り方は?市販のものでもいい?

腱鞘炎は関節にある腱の周りを覆う腱鞘の炎症で、関節が継続的に同じ動きを繰り返す事で起こります。動かさ

記事を読む

定年

女性に喜ばれる送別会のプレゼントって何?選び方を徹底解説

職場で退職される人がいた場合、送別会を開催する事がよくありますよね。記念にプレゼントを渡す事もあるか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA





PAGE TOP ↑