*

離乳食で卵はいつから大丈夫?

公開日: : 最終更新日:2015/03/20 子育て , ,

日本の離乳食は世界的に見て進行が速いと言われています。1歳を過ぎたら卒乳なんて考えられない!と言う国もあるくらいです。

なぜ日本の離乳食はこんなに早く進めていくのでしょう?

それは日本の誇る食文化に関係しています。諸外国では離乳食に缶詰などを使用する事が主流です、しかし、日本人はお粥を作り野菜を出汁で炊いて・・・と手作りしているママが多いのではないでしょうか?口に何を入れているのか、それがどのくらい消化されて出てきているのかが分かりやすい事もあり諸外国に比べて卒乳が早いようです。

今回は、卵を使った離乳食に関する情報をお届けします。

SPONSORED LINK

卵を使った離乳食は中期以降から

離乳食は赤ちゃんの月齢により「初期」「中期」「後期」「完了期」と区分されています。

赤ちゃんの食べ方によっても進み方が違いますが、まだ消化機能が未熟な時に無理に食べさせると消化不良を起こす危険性もありますのでどのタイミングでどの食材を食べさせればいいのかしっかりと把握しておきましょう。

  • 初期=生後6ヶ月ごろ
  • 中期=7~8ヶ月ごろ
  • 後期=9~11ヶ月ごろ
  • 完了期=12~18か月ごろ

です。子供のアレルギーに多く特に心配される卵は中期以降に食べさせるようにしましょう。もちろんただ食べさせればいいのではなくその方法にも工夫が必要ですよ。

離乳食

卵を使った離乳食の始め方

赤ちゃんの卵アレルギーは3種類あります。「卵黄」「卵白」「オボムコイド」です。

オボムコイドとは加熱すると大丈夫なのかが分かるものです。

一番アレルギー反応が起こりやすいものが「卵白」です。そのため赤ちゃんに初めて卵を食べさせる場合は「卵黄だけを加熱して食べさせる」ようにしましょう。その際、生卵を卵白と卵黄に分けてから加熱する事は完全に卵白がなくなるわけではありませんのでおススメできません。出来れば固ゆで卵を作って一番中心の卵黄を一さじだけ取り使用しましょう。慣れているお粥に混ぜるようにするとモソモソせずに食べやすいです。まずは一さじから。体に湿疹が出ないかしっかりと見てあげて下さいね。

卵白は後期から。その後、全卵に移ります。1歳を過ぎるまでは必ず火を通すようにしてあげましょう。

そして、どんな食材でも初めて口にする時はかかりつけの病院が開いている時間に与えるようにするとアレルギー反応が出てもすぐに駆けつけられます。

茹で卵

育児書は意外にももっと早く進める事が多いです。本当に参考にして欲しいのは「ここ数年の間に経験している先輩ママさんの意見」です。口コミサイトやブログなどさまざまな場所で目にする事が出来ますので、雑誌や本よりも生の意見が聞けますよ。
そして、一番大切なのは「赤ちゃんに合わせる事」です。食べる事が大好きな赤ちゃんもいればミルクや母乳が大好きな赤ちゃんもいます。急がず焦らず赤ちゃんの食べたいものを優先してあげながらのんびり離乳食を進めて行くようにしましょう。

スポンサーリンク
 

関連記事

たんぽぽ茶

たんぽぽ茶が妊婦に良いって本当?どんな効果がある?

妊娠中・授乳中にたんぽぽ茶をすすめられる事が多くあります。ノンカフェインのお茶は他にも多々ありますが

記事を読む

七五三

七五三の父親の服装はどんなものが良い?

子供の成長と晴れ姿が楽しみな七五三、子供にばかり意識が行って両親の服装を忘れていませんか? 和

記事を読む

柏餅とちまき

柏餅の葉っぱって食べるものなの?

端午の節句が近づくと店頭に並ぶのが「柏餅」と「ちまき」。餡の入った柏餅にするか、甘い餅だけのちまきに

記事を読む

子供乗せ電動自転車

子供乗せ電動自転車の選び方!おススメはこれだ!

幼児を自転車の前と後ろに乗せての3人乗りが合法になりましたね。 でも、さすがに子供を2人も乗せ

記事を読む

授乳

母乳っていつから出るの?まだ出てない場合の出し方は?

お腹の中に新しい命が宿ると、どんどん大きくなるお腹を愛おしく撫でる回数が増えて行きますよね。胎動を感

記事を読む

雛祭り

もうすぐひな祭り!初節句の為の離乳食レシピを大公開!

お雛様にも負けないかわいいお姫様の初節句。家族や親戚みんなで祝いたいですよね。離乳食が始まっていれば

記事を読む

おむつケーキと家族

出産祝いに!おむつケーキの作り方

 最近の出産祝いの定番って何でしょう?友達同士や会社の同僚と合同で贈ったり、個人的にだったり贈り方は

記事を読む

赤ちゃんのイラスト

布おむつ vs 紙おむつ どちらがいい? 上手な付き合い方とは?

赤ちゃんが生れたらおむつは布おむつにしようか紙おむつにしようか迷いますよね? ここでは、布おむ

記事を読む

便秘

妊娠中に便秘になった!いきむとどうなる?

 人生でもとってもハッピーな出来事である妊娠。しかし妊娠中の生活にはそれまでの人生にはなかったトラブ

記事を読む

発熱

肺炎の症状を解説【子供編】

風邪と思っていたら「肺炎」だった!なんて経験ありませんか? 随分治りが悪いなと思って病院に行っ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA





PAGE TOP ↑