*

自転車のタイヤを交換する値段は意外に高い!安く済ます方法は?

公開日: : 最終更新日:2014/11/15 生活全般 , , ,

毎日乗っているその自転車、タイヤは大丈夫ですか?

自転車にもタイヤを交換する時期があります。ちゃんとメンテナンスして長く大切に乗りましょう。

SPONSORED LINK

自転車のタイヤ交換のタイミングは?

 パンク修理はするけれどタイヤ交換はした事ないな~。なんて事ありませんか?乗っている時にパンクしたら大変です。時期を見極めてちゃんとタイヤ交換しましょう。

自転車のタイヤ交換のタイミング
①タイヤの溝が少なくなった時
 毎日通勤通学で乗っている場合、1年ほどですり減ってしまう場合があります。荷物を載せたり子供を乗せたりするともっと早くなる場合もありますから、空気を入れる時に必ず確認するようにしましょう。
②経年劣化
 溝はまだ大丈夫でもひび割れが起きることがあります。そこに小石が挟まりパンクの原因にもなります。
③製品の不良
 溝もあるしまだ買ってそんなに経っていないのに何故かよくパンクする。そんな時は、タイヤを外してひっくりすとと原因を発見できることがあります。 多くの場合、カーカス部分(タイヤの骨格を形成するコード層)がむき出しになっていてザラザラしています。ここがチューブと擦れてパンクを引き起こすことがあります。残念ながら安い自転車を買うとこういった事が起こることがあります。

自転車屋さんでタイヤ交換すると費用はどのくらい?

 いざタイヤ交換をしようと思った時、自転車屋さんでお願いすると相場はどのくらいでしょう?今回はマウンテンタイプなどではなくママチャリなどの普通の自転車のタイヤとチューブを交換した場合の料金を調べてみました。

前輪・・・3200円から4000円くらい
後輪・・・3800円から4500円くらい

 もちろん、特別なタイヤではなく街乗り用のタイヤです。
 両方交換すれば1万円弱かかる事になりますね。自転車本体が1万円で買える時代にタイヤだけで同じ金額。これを高いと思うか安いと思うかはそれぞれですが・・・。
自転車

自分で交換すれば安く済む!チャレンジしてみましょう♪

 やっぱり1万は高い!ですよね?この際、自分でやっちゃいましょう。方法は意外に簡単です。

自転車のタイヤを交換する手順
①車体から車輪を外す。
②ホイールからタイヤとチューブを外す。
③新しいチューブとタイヤを付ける。
④空気を入れる。

 工程はたったこれだけ。
 文字で説明するよりも分かりやすいのでこちらの動画を参考にして下さい

本体から外す方法の解説はコチラです。

 簡単でしょ?
 最初は戸惑いますが、何度も行っていくと時間もあまりかからずにできるようになりますので、頑張ってチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク
 

関連記事

感染源

ノロウイルスの季節!大人と子供の症状の違いは?

 寒い時期になるとその感染力を最大に生かし猛威をふるうノロウイルス。 一旦、感染・発症

記事を読む

野菜

種まきの時期を守って美味しい野菜を育てよう!

自宅の庭で好きな野菜を育てる家庭菜園!ちょっと憧れの響きだったりしませんか? でもウチには庭が

記事を読む

手紙

2月に書く手紙の書き出しはどうしたらいい?

メールやSNSが普及し手紙を書くという機会が失われつつある現代ですが、こういう時代だからこそ自筆する

記事を読む

花粉症

2015年花粉症の時期を大予想!

毎年、春先になるとマスクを着けた人達でいっぱいになります。 そう、風邪ではなく花粉症の人たちで

記事を読む

花束

退職の送別会での挨拶はどうすれば良い?【送る言葉編】

退職者の送別会で挨拶を依頼された! 何を話したら良い?言ってはいけない事はある? 今回は

記事を読む

テンペ

納豆よりヘルシー?話題のテンペの食べ方や作り方を紹介します

 近年、健康食品として欧米で人気が出てきているテンペという食材をご存知でしょうか?ベジタリアンの間で

記事を読む

冷凍さくらんぼ

多すぎるさくらんぼは冷凍保存!長く美味しく楽しめます

たくさんの果物や野菜を頂いた時困るのが保存方法ですよね。特に果物はすぐにダメになってしまう事が多いで

記事を読む

夏休み

絶対に後悔しない!大学生の夏休みの過ごし方

高校を卒業してキャンパスライフを楽しむ大学生たち!夏休みの期間も高校生の時からは考えられなかったくら

記事を読む

花粉症

花粉症を劇的に改善できる市販の薬はどれ?

現在薬局では沢山の花粉症の市販薬が発売されています。 そんな花粉症の症状を劇的に改善してくれる

記事を読む

taiyou

「小春日和」の意味は何?使う時期はいつ?

厳しい冬の寒さがやわらいで、だんだんと温かくなってきました。こんな日を小春日和って言うんですよね?

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA





PAGE TOP ↑