*

インフルエンザの潜伏期間とは?うつるの?

公開日: : 最終更新日:2015/03/12 健康 , ,

冬の日本を縦横無尽に駆け巡るのは「冬将軍」「鍋奉行」と「インフルエンザウイルス」ですね。

前者2つは風物詩ですし、日本特有の四季の移ろいも感じられるものですがインフルエンザウイルスだけはどうしても歓迎出来ない流行物です。インフルエンザが毎年大流行するのは潜伏期間の短さと感染力の強さが大きな理由です。
今回は、インフルエンザの潜伏期間やうつるかどうかについて解説します。

SPONSORED LINK

インフルエンザの潜伏期間とは?

インフルエンザは感染して1日~3日で発症します。つまり潜伏期間は1日~3日と言う事です。感染しても潜伏期間中に体内でウイルスが死滅した場合発症する事はありません。同じ型のインフルエンザには同年では2回かからないのはこのためです。しかし、その抗体の期間は約半年の為、翌年のシーズンには抗体がなくなり、また感染・発症してしまいます。

インフルエンザの潜伏期間中もうつる?

インフルエンザの感染力はとても強いです。それは潜伏期間中でも同じです。そのため、本人がインフルエンザウイルスを持っている事を知らずに他の人に移すこともよくあります。クラスに一人感染者が出ればそのクラスは全員が潜伏期間中であると思っておいて丁度良いくらいです。

ウイルス

インフルエンザにうつらない為に

冬季はいつ感染者になるか分からないインフルエンザ。しかし、出来るだけうつりたくはないですよね。そのためにはウイルスと接触しないようにする事が一番です。

鼻までしっかりマスクで覆う事で、空気感染と飛沫感染のリスクを大きく減らす事ができます。また、帰宅後のうがいや手洗いは体内に侵入するウイルスの量をかなり減らす事が出来ます。

他にも、インフルエンザが流行している間は出来るだけ人の多い所には行かない、飲み物の回し飲みをしない、熱を通したものを食べるなどの対策を取るといいでしょう。

また、インフルエンザA型は毎年流行しますので予防接種を受けておくこともおススメです。これは発病を阻止するだけでなく発症しても軽症で済みますので、毎年かかる人には特に受けて頂きたいものです。

マスク

冬季はクリスマスやお正月、バレンタインデーなど特にイベントが多くあります。クリスマスにはイルミネーションを見に、お正月には初詣や初売り、旅行に行く人も多いでしょう。そして、人生を左右する一大イベントの「受験」もありますよね。大切な時にインフルエンザでダウンしてしまっては大変ですので「うつらない努力」と「うつさない努力」の両方を心がけて冬を越え、温かく楽しい春が来るのを待ちましょう。

スポンサーリンク
 

関連記事

乳児湿疹

乳児湿疹にワセリンってどうなの?副作用はある?

生後しばらくして赤ちゃんの顔や頭にブツブツが!!そうそれが乳児湿疹と呼ばれるものです。アトピー体質の

記事を読む

ウイルス

インフルエンザに感染した!完治までどのくらいかかる?

冬に到来するインフルエンザ。一度かかってしまうと学校や仕事を休む事になりますがどのタイミングになれば

記事を読む

アレルギー

皮膚科のアレルギー検査の費用はどのくらい?項目はどんなものがある?

アレルギー検査と言えばどこでするものと想像しますか?主に内科やアレルギー科を思い浮かべる人が多いでし

記事を読む

マーガリン

マーガリンは体に悪い。じゃあ、バターは?一番良いのは・・・

マーガリンが体に悪いという話を聞いたことはありますか? 最近話題のトランス型脂肪酸が大量に含まれて

記事を読む

そら豆

そら豆の食べ方を知っていますか?皮は食べるもの?

そら豆と言えば塩ゆでしてビールのお供のイメージが強いですよね。 それはそれで大変美味しいのですが、

記事を読む

味噌汁

おうちで簡単に味噌カフェを再現する方法

日本の誇る調味料「ソイソース」と呼ばれる「醤油」。「ミソスープ」でおなじみの「味噌」どちらも海外でと

記事を読む

猫

猫アレルギーを克服するにはどうしたらいいの?

現在、アレルギー患者の中でも動物のアレルギーを持つ人の割合が増えています。 特定の動物が同じ部屋に

記事を読む

ペット

犬アレルギー検査の費用はどのくらい?保険はきくの?

アレルギーの中には動物に対して起こる動物アレルギーがあります。 犬や猫などペットとして親しみのある

記事を読む

えごま

えごま油としそ油の違いは?美肌に効能があるって本当?

最近、ダイエットに効果があるとして注目されているえごま油ですが、スーパーで探してもなかなか見つからな

記事を読む

病気

インフルエンザB型で熱が下がらない!ロキソニンを飲んでもいい?

毎年冬季に流行するインフルエンザ。一時期治療薬による異常行動が問題視されたり、予防接種のワクチンによ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA





PAGE TOP ↑