*

赤ちゃんのアレルギー検査はいつからできるの?費用はどのくらい?

公開日: : 最終更新日:2015/04/26 健康, 生活全般 , ,

母乳やミルクを飲む赤ちゃん。顔や体に湿疹は出来ていませんか?
赤ちゃんの湿疹には次第に治る「脂漏性湿疹」や「乳児湿疹」があります。
そのため病院で相談しても大丈夫と言われる事が多いようです。
しかし、その原因が母乳である可能性は大いにあります。
母乳はお母さんが食べた食べ物の成分で出来ています。
まだまだ内臓の未熟な赤ちゃんがその中の成分に反応しているのかもしれません。
まず、お母さんの食生活を見直してそれでもダメだったら病院で検査をしましょう。

今回は、赤ちゃんのアレルギー検査の時期や費用について解説します。

SPONSORED LINK

赤ちゃんのアレルギー検査の方法や費用

赤ちゃんのアレルギーの主な対象は「食物」「ハウスダスト」「ノミ・ダニ」などです。

検査方法は大人と同様に、
①血液検査
②皮膚検査
③負荷試験
です。

しかし、小さな赤ちゃんが数分とはいえアレルギー物質を体に張り付けた状態でジッとしている事は難しいですので、腕ではなく背中を使って皮膚検査をしたり、採血をして血液検査をする病院がほとんどです。負荷試験は、最悪の場合入院しなければならないので行なう病院は少ないでしょう。

赤ちゃんのアレルギー検査の時期は病院や検査方法により異なりますが、生後3ヶ月くらいから検査をしてくれる所もあります。
ただし、生後3ヶ月と言えばまだまだ臓器も未熟です。特に理由がない限り、離乳食を始めて「ん??もしかして??」と思ってから連れて行くことをおススメします。どの検査も赤ちゃんにとっては負担ですし、病院で不必要な病気を貰うリスクもありますから。

赤ちゃんのアレルギー検査は保険対象内ですので、費用は3割負担で3,000円から8,000円ほどです。また、自治体によっては小児医療の助成がある場合がありますので、その場合は無料になります。

病院

人間は成長するに従いアレルギー物質が変わっていきます。
乳幼児の時に卵アレルギーだったけど小学生になる頃にはなくなったと言う例は多く見られます。
そのため一度検査をしてアレルギーが陽性だった場合でも、翌年も同じ時期に検査をした方がいいでしょう。
アレルギーの段階がどう変化していくかによって今後の対処の仕方も変わります。
特に「乳・卵・小麦」は乳幼児に多いアレルギー物質ですので、毎年の動向をしっかり把握して完全除去にするのか、少しずつなら食べさせてもいいのか。医師としっかり連携する事が大切になってきます。

赤ちゃん

アレルギー検査は小児科で受ける事が出来ますが、もし近くに「アレルギー科」がある場合そちらに連絡してみることをおすすめします。赤ちゃんがアレルギー検査を受けることのできる年齢についてや、金額、検査方法など詳しく説明してくれます。

スポンサーリンク
 

関連記事

焼き菓子

ショートニングが危険って本当?ってことは何がダメなの?

ショートニングと言う食品を知っていますか?名前は聞いた事があるけど実際どんな食品なのか分からない!と

記事を読む

こんにゃく

こんにゃくのカロリーはどのくらい?ダイエット用レシピも紹介♪

食事制限ダイエットの強い味方「低カロリー食材」。代表的なものに「こんにゃく」があります。板こんにゃく

記事を読む

生肉2

ステーキ肉を炭火で豪快に!焼き方のコツは?

ステーキ肉を自分で焼くのって難しいって思い込んでいませんか? いやいや、焼き方さえ知ってしまえ

記事を読む

酵素ドリンク

ダイエットに最適!簡単、酵素ドリンクの作り方

酵素ドリンクと言う飲み物を知っていますか?ダイエットに最適と注目されているドリンクですが、どんな効果

記事を読む

新じゃが

普通のジャガイモとどう違うの?新じゃがならではの美味しいレシピを紹介します

年中スーパーに並んでいるじゃがいもですが、春になると「新じゃが」なるものが登場します。普通のじゃがい

記事を読む

感染源

ノロウイルスの季節!大人と子供の症状の違いは?

 寒い時期になるとその感染力を最大に生かし猛威をふるうノロウイルス。 一旦、感染・発症

記事を読む

コーヒー

幻のコーヒー「コピルアク」が東京で飲めるのはどこ?通販でも買える?

コーヒー好きの間でも幻と言われるコーヒーを知っていますか?その名は「コピルアク」。製造方法が独特すぎ

記事を読む

バーベキュー

バーベキューの炭の量ってどのくらい必要なの?

気候がよくなってくるとみんなでしたいのがバーベキュー。大学のサークルの親睦会や会社の親睦会にバーベキ

記事を読む

手土産

引っ越しの挨拶の手土産にはこれが喜ばれる!

引っ越し先の挨拶回りの手土産ってどうしたら良いか迷いますよね?引っ越し先での今後の生活に大きく関わっ

記事を読む

kani_ashi

冷凍かにの食べ方を徹底解説!上手な解凍の仕方とは?

 寒い季節、かにの季節がやってきました。お歳暮でいただいたり、お正月に奮発するご家庭も多いのではない

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA





PAGE TOP ↑