*

そら豆の食べ方を知っていますか?皮は食べるもの?

公開日: : 最終更新日:2015/02/28 健康, 生活全般 ,

そら豆と言えば塩ゆでしてビールのお供のイメージが強いですよね。
それはそれで大変美味しいのですが、せっかくですから他のお料理でも楽しみませんか?

今回は、美味しいそら豆の食べ方をいろいろと紹介します。

SPONSORED LINK

そら豆は栄養満点!ダイエットにも最適

そら豆には大豆などと同じように植物性タンパク質が豊富に含まれています。

また、「カリウム」や「ミネラル」・「ビタミンB群」・「ビタミンC」もたくさん含まれます。これらには以下のような働きがあります。

  • カリウム
  • 塩分を排泄する

  • ミネラル
  • 血圧を調整しイライラを解消する

  • ビタミンB群
  • 消化を助け、粘膜を作り、エネルギーの代謝を促す

  • ビタミンC
  • 風邪の予防や疲労回復に効果のある

そら豆にはたくさんの栄養が入っている事がわかりますね。
しかも、夏場にありがたいものばかり。ビールをほどほどにしておけば、そら豆とビールは夏に持って来いの組み合わせだったのです。

また、そら豆は水分量が少ないため少量で沢山の栄養素を摂取する事ができます。
また、腹持ちもいい事からダイエット中のおやつにも嬉しい一品なのです。
しかし、乾燥したそら豆はカロリーが高いですのでしお茹したものを食べるようにしましょう。

そら豆

そら豆の皮は食べる?

そら豆は大きな鞘に入っています。それを空けると薄い皮の中に美味しい実があります。
この鞘はさすがに硬いのであまり好まれませんが薄皮は美味しく食べられます。
しお茹以外のそら豆の人気の簡単レシピをご紹介します。

ホクホクの食感が堪らない「焼きそら豆」

焼きそら豆

  1. そら豆の両端をハサミで切り落しビニール袋に入れる
  2. 水1Lに対し塩大さじ山盛り2杯を入れビニール袋にそら豆が浸るくらいまで入れる
  3. 空気を抜いて袋をしっかり閉じ、一時間ほどおく
  4. 水気を切りトースターに並べて皮が黒くなるまで焼く(15分ほど)
  5. ポイント:
    きつめの塩水に漬けて下さい。豆から程よく水分が抜けホックホクに仕上がります。

    薄皮ごといただきます!「そら豆の天ぷら」

    天ぷら
     さやから出したそら豆に天ぷらの衣を付けて揚げるだけ!
    ポイント:
    さやから出したら早めに揚げること。時間がたつと薄皮が堅くなってしまいます。天つゆよりも塩で食べる事をおススメします。

    ワインやバケットと一緒にどうぞ♪「クリームチーズ和え」

    クリームチーズ和え

    1. そら豆を塩ゆでし、薄皮を向いてフォークの背で荒目にマッシュする
    2. クリームチーズ:マヨネーズ=1:1、レモン汁適量、すりごま適量を合わせる
    3. そら豆と合わせて出来上がり♪
    4. ポイント:
      ゆず胡椒を入れるともっと大人味になり、焼酎にもGOOD!粗挽きこしょうをふっても美味しいです♪

      そらまめくん

      綺麗な緑を食卓に添えてくれるそら豆。海老団子に混ぜても綺麗ですし、ポタージュにしてもコクのある一品に仕上がります。
      冷凍もたくさんありますが、今年は是非、さや付きを購入して色々楽しんでみてください。

スポンサーリンク
 

関連記事

「のどぐろ」ってどんな魚?安くお取り寄せできるのは?

かつて錦織圭が帰国した際に食べたいと言って話題になった魚「のどぐろ」 どんな魚なのか気になりま

記事を読む

入浴

自宅で炭酸風呂!簡単な作り方を紹介

美容と健康に「炭酸風呂」に入る人が増えています。なぜ、炭酸風呂?炭酸風呂って何? 今回は、炭酸

記事を読む

こんにゃく

こんにゃくの賞味期限はいつ?冷凍保存はできる?

ダイエットの強い味方こんにゃく。たくさん買っておいて冷蔵庫にストックしている人もいるのでは?しかし、

記事を読む

しいたけ保存

しいたけの賞味期限はどのくらい?保存方法は?

しいたけ狩りや貰ったしいたけ。賞味期限はどのくらいなのでしょう?また、大量になった場合、日持ちする保

記事を読む

バスケットボール

バスケ用膝のテーピングのやり方

スポーツをしていると膝に異変を感じる事があります。 特にバスケットボールは「走る・跳ぶ・しゃがむ」

記事を読む

夏バテ

夏バテの症状ってどんなものがある?吐き気がするんだけど・・

いつの間にか四季が無くなった気がします。細かく言えば春と秋が短い!つまり先週までコートが必要なくらい

記事を読む

煮物

たけのこの煮物の人気レシピはコレ!

春になると皮つきで目にする機会も増えるたけのこ。春の食材の中でも調理しやすく食べやすいのも特徴ですね

記事を読む

新生児アトピー

新生児のアトピーはいつから出る?乳児湿疹との違いは?

産まれて数週間たったくらいから赤ちゃんの肌がボツボツと。これって乳児湿疹?それともアトピー?その違い

記事を読む

体重計

スマート菌で効果があるのは酵母!特にこの組み合わせが最強

太っている人、痩せにくい人の腸の中にはでぶ菌がたくさんいる。 でぶ菌が腸の中にたくさんいると、

記事を読む

抱っこ

赤ちゃんのしゃっくりの止め方。予防方法はある?

何の前触れもなく起こる上に中々止まらず会話するのも一苦労・・・。そんなやっかい者のしゃっくりですが、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA





PAGE TOP ↑