*

そら豆ってさやごと茹でるの?塩加減は?

公開日: : 最終更新日:2015/02/25 生活全般 ,

春の終わりから初夏にかけて店頭に並び始めるそら豆。塩ゆでしておけば子供のオヤツにビールのお供にと大活躍です。

彩りの意味合いでも和食に欠かせない食材ですが、さや付きのものを買っていますか?それとも豆だけを買っていますか?

さやがないと3日ほどで一気に鮮度が落ちますので、今年は是非さや付を買ってみて下さい。今回は、そら豆を美味しく、失敗しない茹でる方法を紹介します。

SPONSORED LINK

そら豆の栄養と効果

そら豆は大豆と同じく植物性たんぱく質が豊富です。また、カリウムも豊富に含みますので余計な塩分を体外に排出してくれ、高血圧や浮腫みの改善に効果があります

他にも、マグネシウム・リン・鉄分などのミネラル、ビタミンB1を含むビタミンB群も豊富。食物繊維もばっちりですので、お通じや疲労回復、美肌、また動脈硬化や高血圧・貧血の改善と予防、老化防止にも効果があります。

コレステロールが全くないのにも関わらず満腹感がありますし、低カロリーなのでダイエット中にもおススメです。

そら豆

絶対失敗しない茹で方はこれ!

用意するもの

  • そら豆
  • 水:1L
  • 塩:大さじ2
  • お酒:100ml

茹で方

  1. そら豆をさやから取り出し、黒い部分に包丁で切り込みを入れる
  2. 水を沸騰させ塩とお酒を入れて中火にする
  3. そら豆を入れて2分加熱
  4. すぐにざるに上げて冷まします

注意点

  • そら豆の量に対して水の量を変えますが比率は絶対に変えない事
  • 2分以上加熱しない事
  • ざるに上げた後、冷水をかけない事

2分以上加熱すると柔らかくなりすぎ、せっかくの栄養が逃げてしまいます。
冷水をかけると風味も栄養素も飛んでしまいますので自然に冷めるのを待ちましょう。温かいままでも充分美味しいので試してみて下さい。

このままで塩気はありますが、足りないようなら温かいうちに軽く振ってもOK
そら豆は基本さやから出して茹でます。しかし、さやには実以上の栄養素がありますので一緒に食べたい場合は蒸すか網焼きにしてしまいましょう。

また、たくさん手に入った場合は冷凍保存もできます。さやから出して塩ゆでにし、冷めたらジップなどに入れて冷凍庫へ。

しっかりと水分を飛ばしておけば1粒づつパラパラになっていますので欲しい分だけ自然解凍して食べられます。

海老そら豆

海老と一緒に塩炒め、塩昆布と和えもの、潰してスープ、他の野菜と一緒にかき揚げ。塩ゆでにしておけば料理のレパートリーも広がります。

彩りの緑、ブロッコリーもいいですが初夏は是非そら豆で季節を感じて下さい。

スポンサーリンク
 

関連記事

全身脱毛

全身脱毛の自己処理ができるブラジリアンワックスの作り方

夏が近づくと気になってくるのが、全身のムダ毛。剃るのが一番簡単だけど、生え始めの頃がチクチクして気持

記事を読む

暑気払い

暑気払いの時期はいつ?残暑払いとどう違うの?

みんなで暑気払いをしよう!と暑くなるとビアガーデンなどに繰り出す人も少なくないのでは? そもそ

記事を読む

ノロ

ノロウイルスの症状は?診断と治療法も解説します

 秋から冬にかけて猛威をふるうノロウイルス。 集団食中毒などと呼ばれ、ウイルスが検出された学校

記事を読む

くせ毛

くせ毛を治す方法【男性編】湿気が多くても気にしない!

頑固なくせ毛・天然パーマは梅雨時期特にうっとうしくセットも決まらないですよね。 朝頑張っても昼前に

記事を読む

柏餅とちまき

柏餅の葉っぱって食べるものなの?

端午の節句が近づくと店頭に並ぶのが「柏餅」と「ちまき」。餡の入った柏餅にするか、甘い餅だけのちまきに

記事を読む

アレルギー

皮膚科のアレルギー検査の費用はどのくらい?項目はどんなものがある?

アレルギー検査と言えばどこでするものと想像しますか?主に内科やアレルギー科を思い浮かべる人が多いでし

記事を読む

元気

養命酒の効果は?飲み方と注意点を紹介

テレビCMでおなじみの養命酒ですが、本当に健康にいいの?何がどういいの?飲み方は? 今回は、養

記事を読む

赤ちゃん

赤ちゃんのアレルギー検査はいつからできるの?費用はどのくらい?

母乳やミルクを飲む赤ちゃん。顔や体に湿疹は出来ていませんか? 赤ちゃんの湿疹には次第に治る「脂漏性

記事を読む

みょうが

みょうがの切り方いろいろ。使いやすい下ごしらえのやり方

夏の代表的な薬味「みょうが」。切り方を変えるだけで色々な料理に使えますし、綺麗に切れるとお料理の見た

記事を読む

富士見櫓

皇居見学の申し込み方法は?外国人は申し込める?

明治時代以降の天皇皇后両陛下がお住まいになる皇居。見学ができるって知っていましたか? ただし、誰で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA





PAGE TOP ↑