*

いかなごを美味しく食べられるくぎ煮のレシピ

公開日: : 最終更新日:2015/02/02 健康, 生活全般 , ,

いかなごという魚を聞いた事のない方も多いかもしれません。しかし名前を変えると・・・?関東方面では「こおなご(小女子)」、九州では「かなぎ」。関西でも非常に小さなものは「かなぎちりめん」。東北・北海道地方では「めろど」「めろうど」「おおなご」など。だんだんどの魚か分かってきました?小さな頃の方が高額で、大きくなると段々安価になります。しかし、大きなサイズを刺身にすると脂が滑らかで甘味があってとっても美味しいんですよ。

今回はそんな「いかなご」を使った料理の中でも比較的長く楽しめるくぎ煮をご紹介します。

SPONSORED LINK

いかなごのくぎ煮のレシピを紹介

大阪や兵庫・岡山などで盛んに作られる「くぎ煮」。煮上げた形が「釘」に似ている事からこの名前が付きました。生のいかなごが手に入ったら是非作ってみて下さい。

材料
・生いかなご 1㎏
・ショウガ 50g
・醤油 200ml
・ザラメ 250g
・みりん 100ml
・酒  50ml
・水あめ 大さじ1

いかなごくぎ煮の作り方
いかなごをザルにあげ、流水で優しく洗う。
鍋に生姜・醤油・ザラメ・みりん・酒を入れて煮立ったらいかなごを4~5回に分けてぱらぱらと入れる。
アクを取ってからアルミで落し蓋をして強めの中火で煮汁が半分以下になるまで煮る。
中火にして水あめを入れ、時々鍋をゆすって混ぜる。
煮汁がほぼなくなるまで煮詰めたらザルに上げてうちわなどで粗熱を取って出来上がり!

ポイントは
絶対箸で混ぜない
水あめは最後に入れる

箸を使うときびなごがバラバラになってしまいます。また水あめは照りを出すためにも最後に入れましょう。
こちらのレシピはお子様でも食べられるちょっと甘目の味付けになっています。
大人の方のみの場合は粒山椒を一緒に少し煮込めばピリッとした部分も出来てお酒にも合う一品になります。

くぎ煮

おにぎりの具材にしたり、お茶漬けにしたり、卵とじにしたり、ニラ玉に入れたり。一度作ってしまえば使用用途が沢山ありますので長く楽しめます。

また煮詰める時間を短くして煮汁を多く残せば柔らかい食感になり小さなお子様や歯に自信のない年配の方でもとても食べやすいでしょう。
骨ごと食べるいかなごにはカルシウムや鉄分が多く含まれます。またアミノ酸やビタミン類、葉酸も豊富に含まれていますので妊娠中や授乳中にも進んで摂取して欲しい魚です。

いかなご

栄養豊富でとても食べやすいいかなご。旬を迎える春先にはスーパーにも生いかなごが並ぶこともありますので、そんな時は是非くぎ煮にしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
 

関連記事

マテ茶

マテ茶にカフェインは入ってる?妊婦は飲んでも大丈夫なの?

マテ茶はアルゼンチンやブラジルなどの南米大陸で広く親しまれているお茶です。 ビタミンや鉄分、カルシ

記事を読む

猫

猫アレルギーを克服するにはどうしたらいいの?

現在、アレルギー患者の中でも動物のアレルギーを持つ人の割合が増えています。 特定の動物が同じ部屋に

記事を読む

引っ越し

引っ越しして一人暮らし!費用の相場はどのくらい?

 桜が咲き、別れの寂しさと新しい生活への期待を胸に膨らませる春。生活拠点を地元から新天地へ移して一人

記事を読む

干し椎茸

干し椎茸の戻し方を解説!知らないとせっかくの旨みが・・・

生よりも旨味が強い干し椎茸。しかし、戻し方によっては大切な旨味がなくなってしまう事もあります。正しい

記事を読む

こごみ

全国に自生する山菜「こごみ」の美味しい食べ方を紹介します

春になると芽吹く山菜。雪の下から芽を出すフキノトウやつくしは春の風物詩ですね。上を見上げれば梅や桜が

記事を読む

煮物

たけのこの煮物の人気レシピはコレ!

春になると皮つきで目にする機会も増えるたけのこ。春の食材の中でも調理しやすく食べやすいのも特徴ですね

記事を読む

そら豆

そら豆ってさやごと茹でるの?塩加減は?

春の終わりから初夏にかけて店頭に並び始めるそら豆。塩ゆでしておけば子供のオヤツにビールのお供にと大活

記事を読む

卒業

先輩への卒業メッセージはこう書けばバッチリ!

中学生になって部活動を始めた人にほぼ必ず訪れるであろう事の一つに「卒業する先輩への寄せ書き」がありま

記事を読む

OK.NG

結婚式出席の服装でOKなストッキングの種類とは?

結婚式にお呼ばれした時女性なら誰もが考えます。「何を着よう!?」 今回は結婚式に出席する時の服

記事を読む

ウイルス

インフルエンザの潜伏期間とは?うつるの?

冬の日本を縦横無尽に駆け巡るのは「冬将軍」「鍋奉行」と「インフルエンザウイルス」ですね。 前者

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA





PAGE TOP ↑