*

いかなごを美味しく食べられるくぎ煮のレシピ

公開日: : 最終更新日:2015/02/02 健康, 生活全般 , ,

いかなごという魚を聞いた事のない方も多いかもしれません。しかし名前を変えると・・・?関東方面では「こおなご(小女子)」、九州では「かなぎ」。関西でも非常に小さなものは「かなぎちりめん」。東北・北海道地方では「めろど」「めろうど」「おおなご」など。だんだんどの魚か分かってきました?小さな頃の方が高額で、大きくなると段々安価になります。しかし、大きなサイズを刺身にすると脂が滑らかで甘味があってとっても美味しいんですよ。

今回はそんな「いかなご」を使った料理の中でも比較的長く楽しめるくぎ煮をご紹介します。

SPONSORED LINK

いかなごのくぎ煮のレシピを紹介

大阪や兵庫・岡山などで盛んに作られる「くぎ煮」。煮上げた形が「釘」に似ている事からこの名前が付きました。生のいかなごが手に入ったら是非作ってみて下さい。

材料
・生いかなご 1㎏
・ショウガ 50g
・醤油 200ml
・ザラメ 250g
・みりん 100ml
・酒  50ml
・水あめ 大さじ1

いかなごくぎ煮の作り方
いかなごをザルにあげ、流水で優しく洗う。
鍋に生姜・醤油・ザラメ・みりん・酒を入れて煮立ったらいかなごを4~5回に分けてぱらぱらと入れる。
アクを取ってからアルミで落し蓋をして強めの中火で煮汁が半分以下になるまで煮る。
中火にして水あめを入れ、時々鍋をゆすって混ぜる。
煮汁がほぼなくなるまで煮詰めたらザルに上げてうちわなどで粗熱を取って出来上がり!

ポイントは
絶対箸で混ぜない
水あめは最後に入れる

箸を使うときびなごがバラバラになってしまいます。また水あめは照りを出すためにも最後に入れましょう。
こちらのレシピはお子様でも食べられるちょっと甘目の味付けになっています。
大人の方のみの場合は粒山椒を一緒に少し煮込めばピリッとした部分も出来てお酒にも合う一品になります。

くぎ煮

おにぎりの具材にしたり、お茶漬けにしたり、卵とじにしたり、ニラ玉に入れたり。一度作ってしまえば使用用途が沢山ありますので長く楽しめます。

また煮詰める時間を短くして煮汁を多く残せば柔らかい食感になり小さなお子様や歯に自信のない年配の方でもとても食べやすいでしょう。
骨ごと食べるいかなごにはカルシウムや鉄分が多く含まれます。またアミノ酸やビタミン類、葉酸も豊富に含まれていますので妊娠中や授乳中にも進んで摂取して欲しい魚です。

いかなご

栄養豊富でとても食べやすいいかなご。旬を迎える春先にはスーパーにも生いかなごが並ぶこともありますので、そんな時は是非くぎ煮にしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
 

関連記事

食物アレルギー

食物アレルギーかも!?検査は何科で受けられる?

食事をしている時何だか口が痒い、食後肌に湿疹が!!これってもしかして食物アレルギー!?今まで食べられ

記事を読む

ジャム

傷んださくらんぼはジャムに!美味しい作り方を紹介

皮の薄い果物はとても傷むのが早いですよね。さくらんぼもそのうちの一つです。傷んださくらんぼをそのまま

記事を読む

効果の高いパック入り水素水!トラストウォーターのレビュー

効果が高いと評判の水素水「トラストウォーター」を実際に購入してみました。 ⇒トラストウォーター

記事を読む

うなぎ

土用の丑の日2015はいつ?そもそもどんな意味があるの?

土用の丑の日にうなぎを食べる事は有名ですよね。楽しみに待っている人もいると思いますがそもそも土用の丑

記事を読む

インフルエンザ検査

インフルエンザの検査の方法は?値段はどのくらい?

冬場に高熱を出すとインフルエンザの検査を勧められます。いったいどのような方法で検査をするのでしょう。

記事を読む

アレルギー

小麦アレルギーの症状は?治療したら治る?

食物アレルギー患者のアレルゲンランキングでどの年代でも常にトップ10入りをしている「小麦アレルギー」

記事を読む

宴会

黄連解毒湯を飲んでおくとお酒に酔わないって本当?

東洋医学の最高峰でもある「漢方」。自然由来の生薬を混ぜ合わせる事で人々の体に作用し根本的な体質に作用

記事を読む

春キャベツ

旬の春キャベツの美味しいレシピはコレだ!!

旬になると店頭に出回る「春キャベツ」。キャベツ自体は冬にもありますが、何が違うのでしょう。それは「品

記事を読む

えごま

えごま油をアトピーに塗ると治るって本当?その理由とは?

えごま油でアトピーが治るっていう話を聞いたことはありますか? 実際に、えごま油はアトピーに高い

記事を読む

松茸

【松茸の豆知識 part2】アレルギーがある?松茸を使った慣用句

その独特の香りが好まれ希少価値の高さから秋の味覚の王様とも言われる「松茸」。 そんな松茸にアレ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA





PAGE TOP ↑