*

いかなごを美味しく食べられるくぎ煮のレシピ

公開日: : 最終更新日:2015/02/02 健康, 生活全般 , ,

いかなごという魚を聞いた事のない方も多いかもしれません。しかし名前を変えると・・・?関東方面では「こおなご(小女子)」、九州では「かなぎ」。関西でも非常に小さなものは「かなぎちりめん」。東北・北海道地方では「めろど」「めろうど」「おおなご」など。だんだんどの魚か分かってきました?小さな頃の方が高額で、大きくなると段々安価になります。しかし、大きなサイズを刺身にすると脂が滑らかで甘味があってとっても美味しいんですよ。

今回はそんな「いかなご」を使った料理の中でも比較的長く楽しめるくぎ煮をご紹介します。

SPONSORED LINK

いかなごのくぎ煮のレシピを紹介

大阪や兵庫・岡山などで盛んに作られる「くぎ煮」。煮上げた形が「釘」に似ている事からこの名前が付きました。生のいかなごが手に入ったら是非作ってみて下さい。

材料
・生いかなご 1㎏
・ショウガ 50g
・醤油 200ml
・ザラメ 250g
・みりん 100ml
・酒  50ml
・水あめ 大さじ1

いかなごくぎ煮の作り方
いかなごをザルにあげ、流水で優しく洗う。
鍋に生姜・醤油・ザラメ・みりん・酒を入れて煮立ったらいかなごを4~5回に分けてぱらぱらと入れる。
アクを取ってからアルミで落し蓋をして強めの中火で煮汁が半分以下になるまで煮る。
中火にして水あめを入れ、時々鍋をゆすって混ぜる。
煮汁がほぼなくなるまで煮詰めたらザルに上げてうちわなどで粗熱を取って出来上がり!

ポイントは
絶対箸で混ぜない
水あめは最後に入れる

箸を使うときびなごがバラバラになってしまいます。また水あめは照りを出すためにも最後に入れましょう。
こちらのレシピはお子様でも食べられるちょっと甘目の味付けになっています。
大人の方のみの場合は粒山椒を一緒に少し煮込めばピリッとした部分も出来てお酒にも合う一品になります。

くぎ煮

おにぎりの具材にしたり、お茶漬けにしたり、卵とじにしたり、ニラ玉に入れたり。一度作ってしまえば使用用途が沢山ありますので長く楽しめます。

また煮詰める時間を短くして煮汁を多く残せば柔らかい食感になり小さなお子様や歯に自信のない年配の方でもとても食べやすいでしょう。
骨ごと食べるいかなごにはカルシウムや鉄分が多く含まれます。またアミノ酸やビタミン類、葉酸も豊富に含まれていますので妊娠中や授乳中にも進んで摂取して欲しい魚です。

いかなご

栄養豊富でとても食べやすいいかなご。旬を迎える春先にはスーパーにも生いかなごが並ぶこともありますので、そんな時は是非くぎ煮にしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
 

関連記事

no image

google chromeが重い!どうしたらいい?

 google chromeを使っていたら急に重くなってしまった!  アドレスバーに文字を書き入れ

記事を読む

暑気払い

暑気払いの時期はいつ?残暑払いとどう違うの?

みんなで暑気払いをしよう!と暑くなるとビアガーデンなどに繰り出す人も少なくないのでは? そもそ

記事を読む

富士見櫓

皇居見学の申し込み方法は?外国人は申し込める?

明治時代以降の天皇皇后両陛下がお住まいになる皇居。見学ができるって知っていましたか? ただし、誰で

記事を読む

みょうが

みょうがを栽培しよう!育て方は?苗はどこで買う?

夏場のそうめんの薬味としてよく目にするみょうが。実はとっても育てやすい野菜って知っていますか?買うと

記事を読む

肌荒れ

花粉による肌荒れを対策しよう!効果的な方法はコレ

季節の変わり目に肌の状態が変わる事はよくありますが、その原因を知っていますか?肌荒れの原因としては、

記事を読む

春野菜写真

4月に旬の食べ物を食べて健康になろう!

旬の野菜とは野菜が一年の中で一番栄養を蓄えている時期です。旬の野菜には、その時期の私たちの体が必要と

記事を読む

新生児アトピー

新生児のアトピーはいつから出る?乳児湿疹との違いは?

産まれて数週間たったくらいから赤ちゃんの肌がボツボツと。これって乳児湿疹?それともアトピー?その違い

記事を読む

イチゴのケーキ

アレルギー対応ケーキのレシピを紹介します

子供の誕生日、バースデーケーキはどうしよう?ママ友との集まりケーキを焼きたいけど確かアレルギーの子が

記事を読む

みょうが

みょうがの保存方法は?賞味期限はある?

夏場に美味しいみょうが。栽培が簡単ですのでプランターなどで育てている人もいるかと思います。しかし、問

記事を読む

新じゃが

普通のジャガイモとどう違うの?新じゃがならではの美味しいレシピを紹介します

年中スーパーに並んでいるじゃがいもですが、春になると「新じゃが」なるものが登場します。普通のじゃがい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA





PAGE TOP ↑