*

花粉による肌荒れを対策しよう!効果的な方法はコレ

公開日: : 健康, 生活全般 , ,

季節の変わり目に肌の状態が変わる事はよくありますが、その原因を知っていますか?肌荒れの原因としては、湿度や気温の変化などを思い浮かべます。それに加えて、空気中に含まれる物質の変化も肌荒れの原因になります。春になると花粉が肌荒れの原因になる事があるのです。

今回は、花粉による肌荒れの対策方法を紹介します。

花粉でお肌が荒れる事実を知っていますか?

春先の花粉と言えば花粉症患者さんの天敵、スギやヒノキの花粉ですよね。春にはそれだけではなく、他にもたくさんの花粉が空気中に舞っています。チューリップ畑やタンポポ畑、菜の花畑など花の咲いている所にはもれなく花粉も付いてくるのです。

では、何故花粉で肌が荒れるのでしょう。それは春先の気候にも関係があります。空気の乾燥により肌バリアの壊れてしまい、そこに、アレルゲンとなる花粉が入り込む事により炎症を起こしてしまうのです。特に花粉症の人やアトピー性皮膚炎の人など肌荒れが起こりやすい体質だと言われています。花粉症の人の場合は、目の周りや首などにまで真っ赤な発疹が出ます。痒みを伴いますので皮膚科への受診も必要となるでしょう。アトピー性皮膚炎の人は症状が悪化しやすくなります。また、それらの症状のない人でも昼夜の気温の差による「冷え」や「自律神経の乱れ」などにより痒みを感じる事もあります。

花粉による肌荒れ対策に効果的な方法

花粉による肌荒れの対策の一つとして、肌に花粉が付かないようにマスクを使用する手がありますが、頬やおでこなど完璧には出来ません。マスクにプラスして肌バリアを回復させるために保湿剤を使用しましょう。おススメは「油分を使用していない保湿剤」。ヒアルロン酸やセラミドなどが配合された保湿剤を花粉が飛ぶ前から使用する事で肌バリアが壊される事を防ぎます。

そして目にはゴーグル。各メーカーからデザインにこだわったゴーグルも発売されていますので探してみて下さい。

そして、帰宅したらすぐ洗顔。どれだけバリアをしていても肌に全く付かない事はありません。花粉を落とす事が大切です。洗顔後はしっかりと保湿をして肌バリアの回復に努めましょう。会社などで洗顔が難しい場合は冷たいタオルをそっと当てるだけでもずいぶん取れますよ。炎症も鎮めてくれますのでお手洗いなどでササッとケアしてあげるだけで随分違います。

どのケア方法も花粉が飛び始める前からスタートさせることがカギです。一足先にバリアを張ってガードするようにしましょう。
肌荒れ
肌バリアがしっかりした肌は化粧ノリも良く肌色も綺麗です。春は花粉もたくさん飛んでいますが、青空と花のコントラストも綺麗な季節です。肌荒れのせいで下を向いて歩くのではなくしっかり前を見て景色と香りも楽しみたいですね。

スポンサーリンク
 

関連記事

しいたけ保存

しいたけの賞味期限はどのくらい?保存方法は?

しいたけ狩りや貰ったしいたけ。賞味期限はどのくらいなのでしょう?また、大量になった場合、日持ちする保

記事を読む

春野菜写真

4月に旬の食べ物を食べて健康になろう!

旬の野菜とは野菜が一年の中で一番栄養を蓄えている時期です。旬の野菜には、その時期の私たちの体が必要と

記事を読む

スリム

口コミで評価が高いスマート菌で11キロも痩せた!?

スマート菌と言えば、乳酸菌やビフィズス菌が有名ですが、 今、口コミで評判が高いスマート菌は、「

記事を読む

フィットネス

スマート菌の正しい飲み方でスーパー痩せ菌を活性化させよう

何も考えずにスマート菌を飲むのと、正しい飲み方で飲むのでは、痩せ方に大きな違いがあります。 ス

記事を読む

夏バテ

夏バテの症状ってどんなものがある?吐き気がするんだけど・・

いつの間にか四季が無くなった気がします。細かく言えば春と秋が短い!つまり先週までコートが必要なくらい

記事を読む

イチゴのケーキ

アレルギー対応ケーキのレシピを紹介します

子供の誕生日、バースデーケーキはどうしよう?ママ友との集まりケーキを焼きたいけど確かアレルギーの子が

記事を読む

おぼろ豆腐って何?栄養やカロリーは?絹ごしとは違うの?

昔からある絹ごし豆腐や木綿豆腐に加えて、おぼろ豆腐というものを見かけるようになりました。 木綿

記事を読む

全身脱毛

全身脱毛の自己処理ができるブラジリアンワックスの作り方

夏が近づくと気になってくるのが、全身のムダ毛。剃るのが一番簡単だけど、生え始めの頃がチクチクして気持

記事を読む

葬儀

葬儀の費用はどれくらい?安く抑える方法は?

ここ数年、葬儀に関するCMが大々的にテレビで流れるようになりました。今までは中々クリアにならなかった

記事を読む

ニキビ

ヴァセリンはニキビやニキビ跡に塗っても大丈夫?

保湿や傷口の保護など万能に活躍するヴァセリン。外部からの刺激から肌を守る事が大きな役割ですが、ニキビ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA





PAGE TOP ↑