*

インフルエンザの予防接種の副作用!?熱が出たけど大丈夫?

公開日: : 最終更新日:2014/12/26 健康, 生活全般 , , ,

会社によっては必須になっているインフルエンザの予防接種ですが、副作用がある事は有名です。それは予防接種のワクチンに秘密があります。ワクチンの中にはインフルエンザ菌の微生物の一部が入っています。強制的に少量体内に入れる事で抗体を作り、本格的なウイルスが体内に入った時に抗体が抵抗する事によって発症や重篤化を防ぐというのがインフルエンザの予防接種の仕組みです。その抗体を作る過程において体内で起こるワクチンへの対抗反応が「副作用」なのです。

今回は、インフルエンザ予防接種の副作用に関する知識と、副作用で熱が出てしまった場合の対処法などを説明します。

SPONSORED LINK

インフルエンザの予防接種の副作用にはどんなものがある?

インフルエンザ予防接種の副作用の中でも、特に頻度が高い副作用は、接種した場所が「腫れる」「赤くなる」「痛む」と言うものです。体全体の副作用で多いのは「発熱」「頭痛」「悪寒」「倦怠感」など。風邪の症状と同じですね。まれにアレルギー反応を起こし発疹・赤み・痒みが出る人もいます。接種部分の副作用は10%から20%の人に起こり、全体的な発熱などの副作用は5%から10%の人に起こります。どちらも2日から3日で治まります。

予防接種を受けた後に熱が出た!インフルエンザに罹った?それとも副作用?

予防接種を受けた後に起こる体の不調がインフルエンザなのか副作用のせいなのか分かりにくいですよね。副作用の場合だと2日から3日で戻りますが、もしインフルエンザだった場合発熱して24時間以内に抗生剤を摂取しないとその効果はありません。つまり副作用なのかインフルエンザなのかを24時間以内に見極めないとならないのです。

副作用の場合、基本的には微熱が続きます。インフルエンザの場合は高熱が出ます。この「体温の高さ」が見極めのひとつのポイントでしょう。もちろん、素人では判断できませんが、高熱が出た場合には病院に行く事をお勧めします。

予防接種後の熱の対応は?解熱剤を使って良い?

予防接種後の発熱は体が菌を追い出そうと抗体を作り出している証拠です。解熱剤を使用するとその反応を妨げる事にもなります。よっぽどの高熱でない限り解熱剤は使用しない方がいいでしょう。早めに寝てしまうのが得策です。ただし、38.5度を超えるような高熱になった場合は体力の消耗を防ぐために解熱剤を使用した方が良いでしょう。
ワクチン
インフルエンザの予防接種による副作用は珍しい事ではありません。しかし、その副作用が生活に支障をきたすことは問題です。副作用があることを前提にして予防接種の日程を組むことが望ましいと言えるでしょう。稀にアナフィラキシーなどの重篤な副作用やアレルギー反応が起こる人がいます。この場合予防接種後30分ほどで急激に進行しますので、接種をした後1時間程度は院内に残る、もしくは、すぐに病院へ駆けつけられる場所にいるようにしましょう。

スポンサーリンク
 

関連記事

肌荒れ

花粉による肌荒れを対策しよう!効果的な方法はコレ

季節の変わり目に肌の状態が変わる事はよくありますが、その原因を知っていますか?肌荒れの原因としては、

記事を読む

ペット

犬を飼うなら抜け毛の少ないワンちゃんを選ぼう!

 一人暮らしで寂しい、子供と一緒に遊ばせてあげたいなど、犬を飼い始めたいと思っている方は多いのではな

記事を読む

花束

退職の送別会での挨拶はどうすれば良い?【送る言葉編】

退職者の送別会で挨拶を依頼された! 何を話したら良い?言ってはいけない事はある? 今回は

記事を読む

かつお

たたきだけじゃない!美味しいかつおのレシピを紹介します。

春が旬の初かつお、夏に美味しい戻りかつお。戻りかつおの方がたっぷりと脂肪を蓄えています。それに比べ初

記事を読む

うなぎ

土用の丑の日2015はいつ?そもそもどんな意味があるの?

土用の丑の日にうなぎを食べる事は有名ですよね。楽しみに待っている人もいると思いますがそもそも土用の丑

記事を読む

バスケットボール

バスケ用膝のテーピングのやり方

スポーツをしていると膝に異変を感じる事があります。 特にバスケットボールは「走る・跳ぶ・しゃがむ」

記事を読む

乾杯

送別会の乾杯の挨拶はコレでバッチリ!

送別会で乾杯の挨拶に指名された! あわてなくても大丈夫です。 今回は、送別会の乾杯のあい

記事を読む

新生児アトピー

新生児のアトピーはいつから出る?乳児湿疹との違いは?

産まれて数週間たったくらいから赤ちゃんの肌がボツボツと。これって乳児湿疹?それともアトピー?その違い

記事を読む

アレルギー

小麦アレルギーの症状は?治療したら治る?

食物アレルギー患者のアレルゲンランキングでどの年代でも常にトップ10入りをしている「小麦アレルギー」

記事を読む

煮物

たけのこの煮物の人気レシピはコレ!

春になると皮つきで目にする機会も増えるたけのこ。春の食材の中でも調理しやすく食べやすいのも特徴ですね

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA





PAGE TOP ↑