*

結婚式に呼ばれた!服装のマナーは?【男性編】

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 生活全般 , , ,

20代に入ってしばらくすると周りの友達や会社の同僚などの結婚式に呼ばれる機会があるのは女性だけではありません。男性も当然出席する機会があるでしょう。しかし男性諸君!!「スーツ来て行ったら間違いないでしょ?」は間違いです!!大切な友達や同僚に恥をかかせないようにマナーを守った服装で出席しましょう。

今回は、男性の結婚式の服装のマナーについて解説します。

SPONSORED LINK

結婚式に男性が出席する時の服装の基本は?

結婚式に出席する男性の服装の中で、一番無難なのはスーツです。しかし!スーツならば何でもいいと言うわけではありません。準礼服(略礼服)と呼ばれる服装での出席が一般的です。準礼服とはブラックやダークグレーや紺などのシックな色合いのスーツで、新郎新婦よりも明るい色にならない事が鉄則です。つまりビジネススーツやカラータキシードなどはふさわしくないということです。間違っても通勤と同じビジネススーツを着て出席なんてしないでくださいね。

知っておきたい結婚式の服装のマナー

フォーマルシャツの基本は白シャツです。ボタンや袖の形状などありますが、きちんとアイロンをしているシャツであればビジネスに利用しているシャツでも大丈夫です。そして、ネクタイも白が基本です。つまり結婚式や披露宴での男性ゲストのスタイルは「ダークスーツに白シャツ・白ネクタイ」が王道という事になります。靴下や靴は黒。タイピンは金・銀・パールなどを使用します。また冬の式や披露宴でも「毛皮」や「皮革」素材はNGです。もし会場まで着用して行ったとしても必ずクロークに預けましょう。
結婚式

アクセサリーや靴にも気を配ろう

とは言え友達のカジュアルな披露宴の場合ちょっとした着崩しも容認されますよね。そんな中意外に見られているのがアクセサリーと靴です。特に個性が出せるのが「ネクタイ」ですね。普通のネクタイを柄物にするよりも、ボウタイやアスコットタイに変えてみたり、ラベルピンを色つきにしてワンポイント加えたりさり気ない変化の方がいいでしょう。靴は基本的には黒ですが、ブラウン系の上品な革靴なども問題ありません。しかし動物の皮や毛をイメージさせるデザインやデザイン穴の開いている靴はNG。オシャレに気を遣うあまりNGファッションになってしまわないように注意しましょう。

若い男性の結婚式の服装の傾向について解説した動画がありましたので、参考にしてください。

あくまで主役は新郎新婦です。そしてゲストの女性陣やご親戚たちはあなたの個性を見ているわけではありません。好感度が高いのは「基本をしっかりと押さえた上でのおしゃれ」です。いい意味での「彼、ちょっと違うよね」という服装で新郎新婦を祝福しましょう。

スポンサーリンク
 

関連記事

うな丼

冷凍ものでも十分おいしいうなぎの上手な温め方とは?

冷凍のうなぎの蒲焼ってどうやって温めていますか?お皿に出してラップをかけてレンジでチン♪で終わってい

記事を読む

暑気払い

暑気払いの時期はいつ?残暑払いとどう違うの?

みんなで暑気払いをしよう!と暑くなるとビアガーデンなどに繰り出す人も少なくないのでは? そもそ

記事を読む

お歳暮

お歳暮の時期っていつ?金額の相場は?

師匠も走るくらい忙しいと言うのが由来の「師走」。本当に慌ただしく過ぎて行きます。そんな忙しい時期でも

記事を読む

柏餅とちまき

柏餅の葉っぱって食べるものなの?

端午の節句が近づくと店頭に並ぶのが「柏餅」と「ちまき」。餡の入った柏餅にするか、甘い餅だけのちまきに

記事を読む

みょうが甘酢漬け

みょうがの人気レシピを紹介します

薬味として存在感を放つみょうが。実は薬味以外にも美味し食べ方がいろいろあるって知ってましたか?今回は

記事を読む

コシアブラ

気軽に山菜採り、コシアブラを紹介!タラの芽より美味しい!?

山野に自生し食用になる植物の総称を山菜と呼びます。春になると天ぷらや御浸しとして日本料理店などで振る

記事を読む

レターパック

レターパックプラスの厚さは何センチまで?

荷物を送りたい時どのような方法を取りますか?民間の配送業者でも郵便局でもさまざまなサービスがあります

記事を読む

松茸のお吸い物

松茸のお吸い物をアレンジ!炊き込みご飯、パスタ、そして・・

レトルト食品や冷凍食品をアレンジして他のお料理に変えて楽しむママたちが増えて来ていますね。そのままだ

記事を読む

毒

こんにゃく芋に毒があるって本当?食べ過ぎたらどうなる?

ヘルシーでダイエットにも効果が高いこんにゃく。そのこんにゃく芋には実は毒があるって知っていましたか?

記事を読む

葬儀

葬儀の費用はどれくらい?安く抑える方法は?

ここ数年、葬儀に関するCMが大々的にテレビで流れるようになりました。今までは中々クリアにならなかった

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA





PAGE TOP ↑