*

赤ちゃんのしゃっくりの止め方。予防方法はある?

公開日: : 最終更新日:2014/12/23 健康, 子育て, 生活全般 , ,

何の前触れもなく起こる上に中々止まらず会話するのも一苦労・・・。そんなやっかい者のしゃっくりですが、赤ちゃんもよくしますよね?しゃっくりは横隔膜の痙攣が原因なのですが、赤ちゃんはどういった時に横隔膜が痙攣を起こすのでしょう。

今回は、赤ちゃんのしゃっくりの止め方について解説します。

SPONSORED LINK

赤ちゃんがしゃっくりする原因は?

赤ちゃんのしゃっくりの原因は大きく分けて三つと言われています。

  1. ミルクや母乳により胃や食道が動いた事による刺激
  2. 授乳時に空気を一緒に飲んだ事による刺激
  3. おむつが濡れた事による体温の変化

おばあちゃんなどがしゃっくりをする赤ちゃんを見て「おむつを替えてあげなさい」と言うのは③の事を知っているからです。化学的にではなく昔から言われているおばあちゃんの知恵袋ですね。

赤ちゃんのしゃっくりの止め方

赤ちゃんのしゃっくりの止め方を順に説明します。

  1. 授乳前なら授乳をします。もしくは白湯を少し飲ませてあげます。
  2. 授乳後の場合はげっぷをさせましょう
  3. 上半身を高くして背中をポンポン叩くか擦ってあげるとげっぷと共に止まるでしょう。
    こちらに赤ちゃんのげっぷのさせ方の動画があります。

  4. それでも止まらなかった場合は、おむつチェックをしてください

綺麗なおむつでげっぷも出た。なのにしゃっくりが止まらない!!となっても大丈夫。自然現象ですので数十分止まらない、なんて事も珍しくありません。しゃっくりの勢いで吐いてしまう子もいますから、授乳後だった場合は吐き戻しに注意して見守ってあげてください。そうすれば自然と止ります

あかちゃんがしゃっくりしないようにするには?

見た目ほど苦しくない赤ちゃんのしゃっくりですが、やはり見ていてヒヤヒヤする事もありますよね。赤ちゃんがしゃっくりをしないようにする方法はないのでしょうか。残念ながら、絶対にさせない方法はありません。だって授乳しない事もおむつが濡れるのを先回りする事もできません。ましてやげっぷをした時にしゃっくりになる事もありますので予防はできないのです。出させないのではなく出たら止めてあげるという気持ちで接する方がいいでしょう。

かわいい赤ちゃんが頻繁にしゃっくりをすると心配になりますが、実はお腹の中にいる時からしゃっくりをしています。胎児の時にしゃっくりの多かった子は生まれてきてからも多いと言われていますが問題は全くありません。しゃっくりで泣いているようで実はおむつが気持ち悪くて泣いていたり、しゃっくりしながら笑ってる赤ちゃんもたくさんいます。生後半年くらいになるとどんどん回数が減っていき、気が付けばほとんどなくなりますので、今だけ見られるかわいい表情だと思ってのんびりと見守ってあげてくださいね。

スポンサーリンク
 

関連記事

たけのこ

たけのこの下処理の方法は?米ぬかがなくても大丈夫?

春になると店頭に出回ったり頂いたりする皮つきのたけのこ。水煮のたけのこと違い当然下処理が必要です。も

記事を読む

飛沫

インフルエンザの潜伏期間中の感染力は?家族はどうすれば良い?

 今年も寒くなってきました。鍋の季節です!そしてインフルエンザの季節です!!12月から春先くらいまで

記事を読む

お中元

関西のお中元の時期っていつ?九州や東北は?

夏になるとお世話になった方にお中元を贈ります。百貨店などでも特設コーナーが設けられる日本独自のイベン

記事を読む

アレルギー

皮膚科のアレルギー検査の費用はどのくらい?項目はどんなものがある?

アレルギー検査と言えばどこでするものと想像しますか?主に内科やアレルギー科を思い浮かべる人が多いでし

記事を読む

油

マーガリンが有害?サラダ油もだめ!?何を食べたら良いの?

マーガリンが有害だというのはかなり有名になってきましたが、そもそも何が有害なんでしょうか? 今回は

記事を読む

からしあえ

菜の花のからし和え 人気のレシピはコレだ!!

春の食卓に一度はお目見えさせて欲しいのが「菜の花のからし和え」です。フキノトウやタラの芽・こごみの天

記事を読む

みょうが

みょうがの切り方いろいろ。使いやすい下ごしらえのやり方

夏の代表的な薬味「みょうが」。切り方を変えるだけで色々な料理に使えますし、綺麗に切れるとお料理の見た

記事を読む

熱中症

熱中症になったらどうしたらいい?症状別処置方法

ここ数年、夏になると焼けるような暑さの日が続きますね。昔に比べて平均気温が上がり毎年どこかの地域で「

記事を読む

ニキビ

ヴァセリンはニキビやニキビ跡に塗っても大丈夫?

保湿や傷口の保護など万能に活躍するヴァセリン。外部からの刺激から肌を守る事が大きな役割ですが、ニキビ

記事を読む

オリーブ

タプナードとは?オリーブの実の美味しい食べ方です

スーパーの一角にオリーブの実が瓶詰めで売られているのを見た事ありませんか?スライスしてピザに乗せたり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA





PAGE TOP ↑