*

虫垂炎の初期症状と見分け方!放っておくと命にかかわる!

公開日: : 最終更新日:2014/12/22 健康, 生活全般 , ,

子供の時にかかると症状が軽く、大人になってかかると症状の重い病気の代表に「虫垂炎」があります。虫垂炎とはどのような病気なのでしょう?

今回は、虫垂炎の初期症状などについて解説します。

SPONSORED LINK

虫垂炎とは?いわゆる盲腸です

虫垂炎とは、虫垂が化膿し炎症が起こる病気です。虫垂とは、盲腸の先に突き出した5~10cmほどの先端が閉じた突起物で、鉛筆程度の太さ。ここが化膿して激痛を起こすのです。昔は虫垂炎の発見が遅れ、盲腸まで広がってしまってからようやく発見されるケースが多かったため一般的に「盲腸」と言われるようになりました。
虫垂炎

虫垂炎の初期症状は?似ている症状との見分け方

症状は腹痛、食欲不振、発熱や嘔吐などがあります。

まず最初に、お腹の上の方やおへそ周りが激痛に襲われます。そして、発熱や嘔吐などが起こります。その痛みは数時間から一日ほどでお腹の右下へ移動。発熱はあまり高くありません。

同じような症状で39度以上の発熱があれば、腹膜炎など別の病気の可能性が高くなります。

腸捻転や便秘の腹痛とも似ていますが、一番の特徴は「お腹の右下」です。ここを押してみて痛みが走れば虫垂炎と思っていいでしょう。

実際に盲腸を体験した直後の体験談を見つけましたので、こちらもご覧ください。

虫垂炎が悪化するとどうなる?

例えば、何日も痛みに耐えたとしましょう。その間体はどうなっていると思いますか?虫垂炎が進行すると虫垂壁に穴が開きます。破裂する事もあります。そして、虫垂の中にあった膿や化膿物がお腹の中で飛散し腹膜炎になってしまいます。更にそれでも放っておくと敗血症を併合し、命に関わってきます。簡単に治療ができる虫垂炎ですが、実はとても怖い病気でもあるのです。

虫垂炎かもしれないと思ったら

10代から20代での発症が一番多い虫垂炎ですが、医学の進歩により、入院せずに虫垂を切り取らずに治療出来るようになりました。しかし、それは早期発見できた場合の話です。破裂してしまうと当然入院は必須です。そして、高熱や激痛に悩まされることとなります。単なる腹痛と思わずに普段の便秘の痛みと少しでも違うようであれば早めに病院を受診する事をおすすめします。

一般的に盲腸とは急性虫垂炎の事を指します。抗生剤を使用し一度散らしたにも関わらず再発する事がありますが、その場合は慢性虫垂炎と言います。慢性虫垂炎が起こる確率は50%ほど。以前の開腹手術に比べ現在行われている腹腔鏡手術は体への負担が軽く回復も早いので、再発を防止する意味も込め内科の抗生剤投与ではなく、手術を選択する方もいるようです。参考になればうれしいです。

スポンサーリンク
 

関連記事

ごぼうあく抜き

ごぼうのあく抜きのやり方は?さらす時間はどのくらい?

ごぼうのあく抜きは実は不要だと言われていますが、ちょっとした下処理をすると好みの味に調節できます。

記事を読む

竹の皮のちまき

竹の皮がなくても大丈夫?簡単中華ちまきレシピを紹介します

中華ちまきが家で簡単に作れるって知っていますか?でも竹の皮ってあまり見かけないよね・・・。問題ありま

記事を読む

感染源

ノロウイルスの季節!大人と子供の症状の違いは?

 寒い時期になるとその感染力を最大に生かし猛威をふるうノロウイルス。 一旦、感染・発症

記事を読む

たけのこ

たけのこの下処理の方法は?米ぬかがなくても大丈夫?

春になると店頭に出回ったり頂いたりする皮つきのたけのこ。水煮のたけのこと違い当然下処理が必要です。も

記事を読む

くせ毛

くせ毛を治す方法【男性編】湿気が多くても気にしない!

頑固なくせ毛・天然パーマは梅雨時期特にうっとうしくセットも決まらないですよね。 朝頑張っても昼前に

記事を読む

ココナッツオイル

ココナッツオイルがアトピーに効果が!その理由と使い方

最近、ダイエットに効果があるとココナッツオイルを使った料理を食べている方も多いようですが、なんと!コ

記事を読む

手紙

6月の手紙の書き出しはどう書けばいい?

卒業後遠く離れた地域に就職して早3ヶ月。なんとなく周りを見る余裕も出来てくる時期でもあります。お世話

記事を読む

東京駅

青春18きっぷの乗り換えの調べ方

全国のJR線の普通列車と快速列車に乗り放題の青春18きっぷ。新幹線や特急列車とは違った楽しみ方ができ

記事を読む

松茸

松茸の人工栽培は可能?キットはいくらで購入できるの?

きのこの王様「松茸」。栽培キットなどを使用して自宅で簡単に栽培出来ないものでしょうか?人工栽培が可能

記事を読む

アレルギー

小麦アレルギーの症状は?治療したら治る?

食物アレルギー患者のアレルゲンランキングでどの年代でも常にトップ10入りをしている「小麦アレルギー」

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA





PAGE TOP ↑