*

2月に書く手紙の書き出しはどうしたらいい?

公開日: : 最終更新日:2014/12/18 ビジネス, 生活全般 , ,

メールやSNSが普及し手紙を書くという機会が失われつつある現代ですが、こういう時代だからこそ自筆する手紙の温かみを重要視する声も上がって来ています。感謝の気持ちや大切なご挨拶は是非ペンを取って手紙を書いてみませんか?

今回は、2月に書く手紙の書き出しについて解説します。

SPONSORED LINK

手紙には時候の挨拶を入れよう!

どのような手紙でも最初はその時期に合ったあいさつ文を入れます。時候の挨拶とは日本独特の礼儀文で、手紙やはがきなどを書く際、文章の冒頭に使用する言葉の事です。この挨拶と安否の一文を入れる事によりスムーズに手紙の内容に入る事が出来るのです。挨拶は相手との関係や自分の立場などによって表現が変わりますので、ビジネス用と親しい方用にいくつか覚えておくととても便利です。

目上の方やビジネス相手に対する手紙(2月)の書き出し

2月の時候の挨拶は「立春」「早春」「春浅」「晩冬」「雪解」「厳寒」などがあります。まだまだ寒い時期ですが暦の上では春になるので春と冬の両方が入るのですね。梅の花もちらほら咲く暖かい地域では「立春」や「早春」などを使い、まだ雪の残る寒い地域では「厳寒」や「残雪」などを使うといいでしょう。

例えば、「立春の候、貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。」や「厳しい寒さが続いておりますが、ご家族の皆さまには、その後お健やかにお過ごしのことと存じます。」などですね。時候の挨拶は柔らかい表現に変えてもいいのです。

親しい方に対する手紙(2月)の書き出し

親しい方にはもっと柔らかい文章でも大丈夫です。例えば、「春の陽気が待ち遠しい今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか?」や「雪の名残がまだまだ残りますが、お変わりございませんか?」などです。

ポイントは「もうすぐ春」と「まだ寒い」のどちらかを入れる事ですね。その後「お元気ですか?」と言った感じの文章をセットにすると綺麗にまとまりますよ。
ふきのとう

綺麗に手紙を結びましょう

折角、書き出しを綺麗にしたのに結びが「それでは、また」では寂しいですよね。最後の最後まで気を抜かず、しっかり締めましょう。そのためにあるのが「結びの言葉」です。書き出しで「お元気ですか?」を入れますよね。結びでは「これからも健康に気を付けてくださいね」と言った言葉を入れます。ビジネスや目上の方には「三寒四温の季節柄、何卒ご自愛下さい。」や「梅の便りが聞かれる昨今、益々のご健勝をお祈り申し上げます。」など。そして親しい方にはもっと砕けて「まだまだ寒い日が続きます。風邪などひかれませんように。」や「雪の下からふきのとうが顔を出し始めました。お互い元気に過ごしましょう。」などがいいでしょう。

残冬も立春もどちらも使えるのが2月ですが、やはりお勧めは「春を感じる言葉」です。ふきのとうや梅など春の足音を思わせる言葉を入れて手紙を完成させると送られた方も、もうすぐ訪れる春を想い温かい気持ちになれるのではないでしょうか。

文字だけの手紙ではなく、絵手紙も温かみがあって良いですね

スポンサーリンク
 

関連記事

雛祭り

もうすぐひな祭り!初節句の為の離乳食レシピを大公開!

お雛様にも負けないかわいいお姫様の初節句。家族や親戚みんなで祝いたいですよね。離乳食が始まっていれば

記事を読む

みょうが

みょうがの保存方法は?賞味期限はある?

夏場に美味しいみょうが。栽培が簡単ですのでプランターなどで育てている人もいるかと思います。しかし、問

記事を読む

東京駅

青春18きっぷの乗り換えの調べ方

全国のJR線の普通列車と快速列車に乗り放題の青春18きっぷ。新幹線や特急列車とは違った楽しみ方ができ

記事を読む

封筒

間違っていませんか?失礼にならない請求書の封筒の書き方とは

商品やサービスに対する対価を請求するための書類「請求書」。請求書自身だけでなく請求書を送付する封筒に

記事を読む

うな重

うな重のカロリーってどのくらい?丼との違いは?

土用の丑の日に食べる機会の多いうな重。美味しくてついつい食べ過ぎてしまいますがそのカロリーはどのくら

記事を読む

毒

こんにゃく芋に毒があるって本当?食べ過ぎたらどうなる?

ヘルシーでダイエットにも効果が高いこんにゃく。そのこんにゃく芋には実は毒があるって知っていましたか?

記事を読む

チリコンカン

チリコンカンの食べ方 本格レシピや保存方法も紹介します

チリコンカンと言うテキサス州の料理をご存じですか?何にでも合うオールマイティな料理です♪ 今回

記事を読む

taiyou

「小春日和」の意味は何?使う時期はいつ?

厳しい冬の寒さがやわらいで、だんだんと温かくなってきました。こんな日を小春日和って言うんですよね?

記事を読む

ジャム

傷んださくらんぼはジャムに!美味しい作り方を紹介

皮の薄い果物はとても傷むのが早いですよね。さくらんぼもそのうちの一つです。傷んださくらんぼをそのまま

記事を読む

松茸

【松茸の豆知識】英語で何という?毒があるって本当?養殖してるの?

食用きのこの王様「松茸」。日本では「香り松茸、味しめじ」と言う程その香りが愛され、土瓶蒸しや炭火焼な

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA





PAGE TOP ↑