*

送別会の乾杯の挨拶はコレでバッチリ!

公開日: : 最終更新日:2014/12/09 生活全般 , ,

送別会で乾杯の挨拶に指名された!

あわてなくても大丈夫です。

今回は、送別会の乾杯のあいさつでどのようなことを話せば良いのかについて説明します。

SPONSORED LINK

まずは、一番大切なポイントです。

それは、

長く話しすぎないこと。

飲み物を手に持った状態で、参加者の人たちは早く口につけたくて仕方がありません。そんな時に長々と話をされてしまったら興ざめですよね。

送別会に限らず、乾杯の挨拶は短く切り上げるようにしましょう。

逆に言えば、「乾杯の挨拶は短く、簡潔で良い」ということになります。気軽に考えてみましょう。

送別会の乾杯の挨拶の組み立て方

一口に送別会と言っても様々なものがありますが、大きく2種類に分けることができます。それは、喜ばしい別れか、そうではない別れかです。

喜ばしい別れとは、結婚による寿退社、本社への栄転などを指します。

喜ばしい別れの場合、乾杯の挨拶では、冒頭にお祝いの言葉を述べます。

「〇〇さん、ご結婚、本当におめでとうございます。」
「〇〇さん、本社への栄転、本当におめでとうございます。」

といった具合です。

喜ばしい別れではない場合は、無難に「〇〇さん、長い間お疲れ様でした」や「お世話になりました」という労いの言葉から始めます

その後、「今までのことへの感謝の言葉」や「今後、新しい環境で活躍してください」といったことを話します。

「明るい挨拶で、いつも私たちの部署を明るくしてくれてありがとう。これからは奥さんとして、また、新しい命を授かった暁には、お母さんとして、明るい家庭を築いていってください。」

「あなたのような優秀な人材をわが部署から排出できたことは、私たちにとっても大きな誇りです。本社でもますます活躍されることを期待しています。」

という感じです。

最後に、乾杯をします。
「〇〇さんのますますの活躍と、我が社の益々の発展を祈念いたしまして、乾杯したいと思います」
「乾杯!」

としめます。
乾杯
いかがだったでしょうか?あまり難しく考えすぎると長くなってしまいがちです。内容のある長いお話は、最後の挨拶に指名されている方がしてくださいます。あくまでも、最後の「乾杯!」がメインで、それに少しだけ言葉をそえるというイメージを忘れないようにしてください。

スポンサーリンク
 

関連記事

抱っこ

赤ちゃんのしゃっくりの止め方。予防方法はある?

何の前触れもなく起こる上に中々止まらず会話するのも一苦労・・・。そんなやっかい者のしゃっくりですが、

記事を読む

バーベキュー

バーベキューの炭の量ってどのくらい必要なの?

気候がよくなってくるとみんなでしたいのがバーベキュー。大学のサークルの親睦会や会社の親睦会にバーベキ

記事を読む

坊さん

即身仏になるのに失敗したらどうなるの?そもそも作り方は?

即身仏とは、自分の体をミイラにして残したお坊さんのことを言います。死後に内臓を取り除いたり、薬漬けに

記事を読む

松茸

【松茸の豆知識】英語で何という?毒があるって本当?養殖してるの?

食用きのこの王様「松茸」。日本では「香り松茸、味しめじ」と言う程その香りが愛され、土瓶蒸しや炭火焼な

記事を読む

ダンス

フラッシュモブの費用ってどのくらい?結婚式に来てもらえる?

結婚式やプロポーズでフラッシュモブを利用する場面を目にすることが多くなりました。 自分の結婚式

記事を読む

免許

合宿免許で便利な持ち物はコレ!取りに帰れないからキチンと確認しよう

自動車の運転免許を取得するには、自動車学校に通う方法と合宿免許に行く方法があります。違いは金額と日数

記事を読む

春野菜写真

4月に旬の食べ物を食べて健康になろう!

旬の野菜とは野菜が一年の中で一番栄養を蓄えている時期です。旬の野菜には、その時期の私たちの体が必要と

記事を読む

イチゴ狩り

4月には果物狩りに出かけよう!農園の選び方のポイントや持ち物は?

植物が一斉に芽を出す春。4月になると日本各地で色々な果物狩りが楽しめます。地域によって「もう出来る」

記事を読む

こごみ

全国に自生する山菜「こごみ」の美味しい食べ方を紹介します

春になると芽吹く山菜。雪の下から芽を出すフキノトウやつくしは春の風物詩ですね。上を見上げれば梅や桜が

記事を読む

お中元

関西のお中元の時期っていつ?九州や東北は?

夏になるとお世話になった方にお中元を贈ります。百貨店などでも特設コーナーが設けられる日本独自のイベン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA





PAGE TOP ↑