*

ノロウイルスの症状は?診断と治療法も解説します

公開日: : 最終更新日:2014/11/30 生活全般 ,

 秋から冬にかけて猛威をふるうノロウイルス。
集団食中毒などと呼ばれ、ウイルスが検出された学校や食堂では、閉鎖した後、徹底的な消毒が行われます。テレビで放映されているのを見たことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ところで、このノロウイルスとは何なのでしょうか?今回は、ノロウイルスの症状や診断方法、治療法について解説します。

SPONSORED LINK

ノロウイルスとは?

 ノロウイルスとは、胃腸炎を起こすウイルスの一種です。このウイルスに感染すると、嘔吐・下痢、発熱や頭痛を引き起こします。

感染力が非常に高く、感染患者の排泄物や嘔吐物だけでなく、布団やドアノブなどに付着した菌でも1ヶ月ほど生きると言われています。また、乾燥した空気にも浮遊しています。それらが口から侵入し、感染が拡大して行きます。
ウイルスを蓄積した食物からの感染もあり、主に牡蠣などの二枚貝をしっかり加熱せずに食した結果、感染・発症するケースも多いようです。

 潜伏期間は、1~2日程度と短いのも特徴の一つです。

アルコールやエタノールでは死滅しませんので、しっかりと手洗いすることが大切です。また、食材には充分に火を通す事や、塩素系の洗剤と乾燥機を使用しての洗濯などが最大の感染予防になります。

正しい手洗いができているか、この機会に確かめてみてください。

ノロウイルスの診断方法

 ノロウイルスの診断は、患者の便や吐物を電子顕微鏡などを使用して調べます。

検査結果が出るまでに数分で済む場合もあれば、数日かかってしまう場合もあるなど、まちまちです。また、検査結果が「陰性」だったとしても絶対にノロウイルスに感染していないとは言えません。

しかも、検査費用は3歳以上65歳未満で健康体の場合は保険適用外になり、数千円から2万円ほどの実費検査となってしまいます。

つまり、ノロウイルスかどうかを診断することは現実的ではありません。

実際には、症状を聞くなどの問診をして「感染性胃腸炎」と診断されるのが一般的です。

これだけの感染力があるノロウイルスの診断をなぜしっかりしないのでしょうか?

それは治療方法と大きなかかわりがあります。
ノロ加熱

ノロウイルスの治療法とは?

 実は、ノロウイルスに特効薬はありません。

それが診断をはっきりしない理由です。

ではノロウイルスにかかった時どうしたらいいのでしょう?

ノロウイルスにかかったら

  • 下痢や嘔吐により体内が水分不足になりがちなので水分を沢山摂る
  • 医師より処方された「解熱剤や痛みどめをしっかり飲む」
  • 嘔吐が治まるまで絶食する

 以上のことを守って、静養してください。病院では下痢止めは処方されません。それは体が菌を排出しているのを止める事になるからです。
嘔吐が激しい場合は、水分も摂れませんが、そんな時は病院で点滴を受けるようにしましょう。

一番の治療は「とにかく菌を排出する事」です。

 ノロウイルスは症状が治まっても1週間以上も体内で生き続けるというやっかいなウイルスです。感染した子供の看病をしていた親が感染、なんて事も多いウイルスですので、予防の為にも感染者と接触する場合はマスク・手袋を着用し、嘔吐物や便・汚れたものはすぐにビニール袋に密封して感染の拡大を防ぎましょう。

スポンサーリンク
 

関連記事

合格発表

大学入学祝の相場はどのくらい?祖父母や親せきならこのくらい

親戚の子や仲良くしている友達の子供が今春大学に合格しました!秋から冬にかけて聞く事もあるとても喜ばし

記事を読む

たけのこ

たけのこの下処理の方法は?米ぬかがなくても大丈夫?

春になると店頭に出回ったり頂いたりする皮つきのたけのこ。水煮のたけのこと違い当然下処理が必要です。も

記事を読む

あく抜き

わらびのあく抜きに失敗した!どうすれば食べられる?

春に楽しめる山菜のひとつにわらびがあります。全国どこでも手に入る食材ですがとってもアクが強いためあく

記事を読む

そうめん

そうめんを食べたら太るって本当!?ダイエットに最適な食べ方を紹介します

夏はそうめんが美味しい季節です。でも、そうめんを食べると太るって話聞いた事ありませんか?何かと露出の

記事を読む

お中元

関西のお中元の時期っていつ?九州や東北は?

夏になるとお世話になった方にお中元を贈ります。百貨店などでも特設コーナーが設けられる日本独自のイベン

記事を読む

松茸

【松茸の豆知識】英語で何という?毒があるって本当?養殖してるの?

食用きのこの王様「松茸」。日本では「香り松茸、味しめじ」と言う程その香りが愛され、土瓶蒸しや炭火焼な

記事を読む

うな重

うな重のカロリーってどのくらい?丼との違いは?

土用の丑の日に食べる機会の多いうな重。美味しくてついつい食べ過ぎてしまいますがそのカロリーはどのくら

記事を読む

しいたけ

しいたけの切り方を解説(石づき、鍋、お雑煮、筑前煮など)

煮物や焼き物などで活躍する「しいたけ」。ただ、ぽんっと入れるのではなく調理法に合った切り方をすると飾

記事を読む

庭の雑草対策なら防草シートがお手軽!敷き方を写真入り紹介

寝室の前に広がるジャングル ここの一部を洗濯干し場として活用したいと思い立った。

記事を読む

かつお

たたきだけじゃない!美味しいかつおのレシピを紹介します。

春が旬の初かつお、夏に美味しい戻りかつお。戻りかつおの方がたっぷりと脂肪を蓄えています。それに比べ初

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA





PAGE TOP ↑