*

ノロウイルスの症状は?診断と治療法も解説します

公開日: : 最終更新日:2014/11/30 生活全般 ,

 秋から冬にかけて猛威をふるうノロウイルス。
集団食中毒などと呼ばれ、ウイルスが検出された学校や食堂では、閉鎖した後、徹底的な消毒が行われます。テレビで放映されているのを見たことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ところで、このノロウイルスとは何なのでしょうか?今回は、ノロウイルスの症状や診断方法、治療法について解説します。

SPONSORED LINK

ノロウイルスとは?

 ノロウイルスとは、胃腸炎を起こすウイルスの一種です。このウイルスに感染すると、嘔吐・下痢、発熱や頭痛を引き起こします。

感染力が非常に高く、感染患者の排泄物や嘔吐物だけでなく、布団やドアノブなどに付着した菌でも1ヶ月ほど生きると言われています。また、乾燥した空気にも浮遊しています。それらが口から侵入し、感染が拡大して行きます。
ウイルスを蓄積した食物からの感染もあり、主に牡蠣などの二枚貝をしっかり加熱せずに食した結果、感染・発症するケースも多いようです。

 潜伏期間は、1~2日程度と短いのも特徴の一つです。

アルコールやエタノールでは死滅しませんので、しっかりと手洗いすることが大切です。また、食材には充分に火を通す事や、塩素系の洗剤と乾燥機を使用しての洗濯などが最大の感染予防になります。

正しい手洗いができているか、この機会に確かめてみてください。

ノロウイルスの診断方法

 ノロウイルスの診断は、患者の便や吐物を電子顕微鏡などを使用して調べます。

検査結果が出るまでに数分で済む場合もあれば、数日かかってしまう場合もあるなど、まちまちです。また、検査結果が「陰性」だったとしても絶対にノロウイルスに感染していないとは言えません。

しかも、検査費用は3歳以上65歳未満で健康体の場合は保険適用外になり、数千円から2万円ほどの実費検査となってしまいます。

つまり、ノロウイルスかどうかを診断することは現実的ではありません。

実際には、症状を聞くなどの問診をして「感染性胃腸炎」と診断されるのが一般的です。

これだけの感染力があるノロウイルスの診断をなぜしっかりしないのでしょうか?

それは治療方法と大きなかかわりがあります。
ノロ加熱

ノロウイルスの治療法とは?

 実は、ノロウイルスに特効薬はありません。

それが診断をはっきりしない理由です。

ではノロウイルスにかかった時どうしたらいいのでしょう?

ノロウイルスにかかったら

  • 下痢や嘔吐により体内が水分不足になりがちなので水分を沢山摂る
  • 医師より処方された「解熱剤や痛みどめをしっかり飲む」
  • 嘔吐が治まるまで絶食する

 以上のことを守って、静養してください。病院では下痢止めは処方されません。それは体が菌を排出しているのを止める事になるからです。
嘔吐が激しい場合は、水分も摂れませんが、そんな時は病院で点滴を受けるようにしましょう。

一番の治療は「とにかく菌を排出する事」です。

 ノロウイルスは症状が治まっても1週間以上も体内で生き続けるというやっかいなウイルスです。感染した子供の看病をしていた親が感染、なんて事も多いウイルスですので、予防の為にも感染者と接触する場合はマスク・手袋を着用し、嘔吐物や便・汚れたものはすぐにビニール袋に密封して感染の拡大を防ぎましょう。

スポンサーリンク
 

関連記事

うな丼

冷凍ものでも十分おいしいうなぎの上手な温め方とは?

冷凍のうなぎの蒲焼ってどうやって温めていますか?お皿に出してラップをかけてレンジでチン♪で終わってい

記事を読む

残暑見舞い

残暑見舞いをおくる時期は?例文はある?

暑中見舞いの時期を過ぎると次は残暑見舞いですね。暑中見舞いを出し忘れた場合は残暑見舞いを出すと喜ばれ

記事を読む

葬儀

葬儀の費用はどれくらい?安く抑える方法は?

ここ数年、葬儀に関するCMが大々的にテレビで流れるようになりました。今までは中々クリアにならなかった

記事を読む

花束

退職の送別会での挨拶はどうすれば良い?【送る言葉編】

退職者の送別会で挨拶を依頼された! 何を話したら良い?言ってはいけない事はある? 今回は

記事を読む

花粉症

2015年花粉症の時期を大予想!

毎年、春先になるとマスクを着けた人達でいっぱいになります。 そう、風邪ではなく花粉症の人たちで

記事を読む

さくらんぼ

さくらんぼは栄養バランスが抜群!その効果とは?

身体も自然も目覚める春、暑い日が続き体力が落ちる夏、寒い冬に備えて体力を取り戻す秋、寒さに耐えるべく

記事を読む

ジャム

傷んださくらんぼはジャムに!美味しい作り方を紹介

皮の薄い果物はとても傷むのが早いですよね。さくらんぼもそのうちの一つです。傷んださくらんぼをそのまま

記事を読む

節分家族

節分の豆まき 今年は作法を間違えない!

 幼稚園や保育園、時には自宅にまで鬼がやってきて、子供たちが泣きながら豆をぶつける「節分の豆まき」。

記事を読む

野菜

種まきの時期を守って美味しい野菜を育てよう!

自宅の庭で好きな野菜を育てる家庭菜園!ちょっと憧れの響きだったりしませんか? でもウチには庭が

記事を読む

花粉1

妊娠しても大丈夫な花粉症薬の選び方

風邪をひいてもお腹を壊しても簡単に市販薬に手が出せないのが妊婦さん。特に毎年春になると必ず花粉症を発

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA





PAGE TOP ↑