*

インフルエンザの潜伏期間中の感染力は?家族はどうすれば良い?

公開日: : 最終更新日:2014/11/29 健康 , ,

 今年も寒くなってきました。鍋の季節です!そしてインフルエンザの季節です!!12月から春先くらいまで長々と続くインフルエンザシーズンですが、充分な対策はされていますか?

今回は、インフルエンザの潜伏期間や感染力について調べてみました。

SPONSORED LINK

すぐに発症しないから怖い

インフルエンザ菌って、体内に入ってもすぐに発症しないって知っていましたか?

例えば、学校などでインフルエンザの子供が出ますよね。すると数日たってから次々に発症する子供たちが出て、その後、「学級閉鎖」になります。

最初にインフルエンザ菌を持った子供が発症するまでの潜伏期間に他の子供たちに感染します。その後、数日たってから発症するのです。

今の時期、誰でもインフルエンザに感染している可能性があるので、出かける時は必ずマスクを着用し、家に帰ったら、うがい・手洗いを徹底しするようにしましょう。

正しい手洗いの方法を楽しく歌で覚えましょう

インフルエンザ潜伏期間中の感染力は?

 感染してから発症するまでの潜伏期間中、インフルエンザ菌はどのくらいの力を持っているのでしょう。

クシャミや咳、会話による飛沫により体内に侵入したインフルエンザ菌は、粘膜に付着した後、たった20分ほどで細胞に潜り込みます。忍者以上の早業です。
そして、一度侵入したら1つのウイルスが、8時間後には100個に増殖、24時間後には100万個にまで増えます。そして、また他の人へ感染していきます。

インフルエンザの潜伏期間は2日から3日と比較的短いですが、この感染力の強さから各地域で爆発的な流行を見せるのです。
しかし、一度インフルエンザに感染すると同じ型のインフルエンザにはその年は感染しません。ですから、この爆発的な感染は1ヶ月ほどで終息していく場合が多いのです。

予防

家族が罹った時の対処方法

 家族の中に一人でもインフルエンザの患者が出た場合、家族全員が感染していると思って間違いありません。
しかし、感染しているからといって発症するとは限らないので、新しい菌の侵入を極力防ぐため、発症した家族は別の部屋に隔離するようにしましょう。
小さなお子さんの場合、ぐずったり、食事や着替えなどお母さんが接触する事が多いと思います。その時は必ずマスクを着用するようにし、部屋を出たら手洗いとうがいをしっかりするように心がけましょう。

 インフルエンザの抗生剤は、発症後24時間以内に1回目を摂取しないと効果は表れないと言われています。
つまり、それ以降にお医者さんに診てもらったとしても、結果的には自然治癒にまかせることになってしまいます。そうなると、高熱も倦怠感も関節の痛みも長引く事になってしまいます。
冬場、くしゃみや鼻水、喉の痛みが出たらすぐにマスクを着用し、発熱したら早めに病院に行ってお医者さんの診察を受けるようにしましょう。

お子さんの場合、学校で感染することが多いので、見た目には分からなくても、本人が症状を訴えたら、注意してみてあげるようにしてください。

スポンサーリンク
 

関連記事

予防接種

インフルエンザの予防接種は何回受けるの?間隔はどのくらい?

 毎年冬になると各地で猛威をふるうインフルエンザ。一度発症してしまうと、高熱と関節の痛みなどの症状に

記事を読む

イチゴのケーキ

アレルギー対応ケーキのレシピを紹介します

子供の誕生日、バースデーケーキはどうしよう?ママ友との集まりケーキを焼きたいけど確かアレルギーの子が

記事を読む

眠れない

疲れているのに眠れないのは何故?どうすれば寝られる?

体は疲れているのに、全然眠れない。明日は出張だから早起きしないといけないのに・・・。 寝なきゃ

記事を読む

マテ茶

マテ茶にカフェインは入ってる?妊婦は飲んでも大丈夫なの?

マテ茶はアルゼンチンやブラジルなどの南米大陸で広く親しまれているお茶です。 ビタミンや鉄分、カルシ

記事を読む

膝の痛み

膝が痛い!どの病院に行けば良い?

こんなお悩みはありませんか? ・階段の上り下りが辛い ・下に落ちた物を取る時に痛みが走る

記事を読む

超簡単で激ウマの納豆入り和風パスタのレシピを紹介!

熱々ご飯に納豆!も良いけれど、たま~に無性に食べたくなるのが、「納豆入り和風パスタ」ですよね。

記事を読む

飲み薬

かゆみ止めの飲み薬ってあるの?副作用は?

痒くて痒くて仕方ないアトピー性皮膚炎。痒み止めの塗り薬や保湿剤などを使用している人も多いのでは?でも

記事を読む

みょうが成分

みょうがの効能は?食べると物忘れするって本当?

蕎麦やそうめんの薬味に欠かせないみょうが。昔から食べ過ぎると物忘れするから気を付けるように言われてい

記事を読む

ヴァセリン

ヴァセリンは顔に塗っても大丈夫?正しい使い方は?

1870年アメリカで誕生し世界中で親しまれているヴァセリン。使い方さえ間違えなければお肌に危害を加え

記事を読む

漢方

半夏厚朴湯の効果とは?副作用はある?

様々な漢方薬がありますが、半夏厚朴湯と言う漢方薬を知っていますか? 名前で言われるとピンとこないか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA





PAGE TOP ↑