*

雛人形の飾り方(並べ方)と片付けの方法

公開日: : 最終更新日:2014/11/26 イベント情報 ,

 桃の節句の前になると押入れの奥深くから出てくる「雛人形」。
小さなお姫様のために購入したものだったり、ママやおばあちゃんから受け継いだ物だったりとありますよね。
きりりとしたお雛様も、ほんわかしたお雛様も、見ていると我が子の成長をしみじみと感じます。
今回は、雛人形の飾り方と片づけ方のマナーについて解説します

SPONSORED LINK

雛人形を飾る由来は?

なぜ桃の節句に雛人形を飾るのか知っていますか?

中国では、3月上旬の巳の日に川で身を清める儀式があります。これが日本に伝わり、自分の代わりに人形を川に流すようになりました。木や布で作った人形を子供の魔除けにしたとも言われています。

また、平安時代に貴族の子供達の間で紙の人形でおままごとをする「ひいな遊び」が流行しました。これらが時代の流れと共に結びつき「雛人形」となったと言われています。

桃の節句に飾る事により、娘の不幸を請け負ってもらい、娘が健やかに成長して、幸せが訪れる事を願うようになりました。これが雛祭りの由来です。

せっかく雛人形を飾るのですから、しきたりに則って、可愛い娘さんが幸せになれるように祈りましょう。

雛人形を飾る時期と飾り方

 雛人形は、立春(節分の翌日)から2月中旬の間に飾ります。
思っていたより早いですね。旧暦で行なう地域と、新暦で出す地域がありますので、あなたのお住いの土地の習慣も調べておくと良いでしょう。
節分で、鬼を払い、福を招いた後に雛人形を飾ります。飾り始める日は、大安吉日がいいとも言われていますが、あまりこだわらなくても良いでしょう。遅くともひな祭りの一週間まえまでに飾れば大丈夫のようです。

 小さなガラスケースに「お内裏様」と「お雛様」とぼんぼりが入っている雛人形も人気になってきてはいますが、やはり圧巻なのは段数の多い雛人形ですね。
ここでは、段数の多い雛人形の飾り方を説明したいと思います。

まず、一番上段。ここには、もちろん「お内裏様」と「お雛様」ですよね。向かって左にお内裏様を飾るのが一般的です。結婚式の高砂と同じと覚えましょう。
 そして二段目に、「三人官女」を飾ります。三段目には「嫁入り道具」が並びます。
 五段雛の場合は四段目に「五人囃子」、五段目に「右大臣と左大臣」を配置する事が多いようです。

雛人形の飾り方の動画を掲載しておきますので、参考にしてください。

雛人形を片づける時期と簡単なしまい方

 まず、雛人形を片づける時期ですが、桃の節句が終わるとすぐに片付ける地域が多いようです。しかし、旧暦まで飾る地域もあります。こちらも地域の風習をあらかじめ調べておくと良いかもしれません。
雛人形片付け
通常は、2週間以内くらいを目安に「天気のいい日」にしまうといいでしょう。雛人形は絹を使用している事が多く、とても湿気に弱いからです。湿度の低い日を選んで、簡単なお手入れをしてから片付けましょう。
まず、人形専用の毛はたきでゴミや汚れを軽く落とします。この時、お顔や手は絶対素手で触らないでくださいね。そして、顔や手の部分を柔らかい紙で包んだら、小物と道具を外し、専用の箱に入れます。この時防虫剤を一緒に入れるといいです。
いくつものお人形や小物を同じ箱に入れる場合は、丸めた新聞紙を一緒にいれるとぶつかって壊れるのを防止すると共に、湿気も吸収してくれます。

 少し手をかけてあげるだけで翌年も綺麗なお雛様を飾る事ができますので、面倒くさがらずにお手入れをしてあげてくださいね。

 素敵なひな祭りになるといいですね。

スポンサーリンク
 

関連記事

雛祭り

もうすぐひな祭り!初節句の為の離乳食レシピを大公開!

お雛様にも負けないかわいいお姫様の初節句。家族や親戚みんなで祝いたいですよね。離乳食が始まっていれば

記事を読む

いわしと柊

節分と言えばいわし!美味しくいただくレシピを紹介!

 節分と言えば「豆まき」「恵方巻き」「柊」「いわし」ですね。 関西に引っ越して来たりし

記事を読む

さげもん

雛祭りは柳川のさげもんめぐり2015に行こう!

女の子の節句「ひな祭り」。福岡県の南部に位置する柳川市では2月初旬から4月初旬まで2か月間、街を上げ

記事を読む

ハロウィン

2015年のハロウィンの日にちはいつ?何があるの?

仮装した子供たちが近隣の家を巡り「お菓子をくれないとイタズラするぞ!」なんて理不尽でかわいい脅しをか

記事を読む

花火

熱海で冬の花火を満喫する方法とは?

 花火と言えば夏ですが、実は、熱海では冬でも花火が楽しめます。  熱海は三方が山に囲まれて

記事を読む

ハウステンボス花火

ハウステンボスの花火の穴場はココ!!

長﨑にあるテーマパーク「ハウステンボス」。 ここでは「花火大会」だけではなく「世界花火師競技会」が

記事を読む

ボール

ウィンブルドンの場所はどこ?

テニスの4大世界選手権のひとつ「ウィンブルドン選手権」。いったいどんな場所で行われている大会なのでし

記事を読む

灘のけんか祭り

事故も起きる!灘のけんか祭りの歴史を紹介!2015年情報も

日本にはその土地特有のお祭りが沢山あります。その中でも特に華やかさと勇壮さを感じるお祭り「灘のけんか

記事を読む

ハロウィン

ハロウィンの由来を子供向けに説明するとどうなる?

ドラキュラや魔女の仮装、おばけカボチャが楽しいハロウィン。子供に「ハロウィンって何?」と聞かれたらど

記事を読む

mamemaki

成田山の豆まきは参加できる!2015年の受付はいつから?

 2月3日は全国の色んな場所で炒った大豆が空を舞います。大豆だけでなく落花生などが舞う地域もあります

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA





PAGE TOP ↑