*

「のどぐろ」ってどんな魚?安くお取り寄せできるのは?

公開日: : 生活全般, 買ってみた・やってみた

かつて錦織圭が帰国した際に食べたいと言って話題になった魚「のどぐろ」

どんな魚なのか気になりますよね?

のどぐろの食べ方や旬、安くお取り寄せできる方法などをご紹介します。

のどぐろってどんな魚?

のどぐろは、ホタルジャコ科のアカムツという魚の別名です。

日本海沿岸で取れる魚で、外観では目が大きいこと以外は大した特徴がなく、口から覗いたのどが真っ黒であることから「のどぐろ(喉黒)」という愛称で呼ばれています。

のどが黒いからのどぐろ

のどが黒いからのどぐろ

のどぐろは、小さいものでも1匹1,000円、大きいものになると一万円以上の値段がつくことから、高級魚としても有名な魚です。

脂がしっかりとのっていて、美味しいので、塩焼きで食べるのがおススメです。小ぶりのものでも脂がしっかりしていて、のどぐろの味が楽しめるので、ご家庭でいただくなら、小ぶりなものでも十分です。

新鮮な「のどぐろ」は、なかなか手に入りませんが、新鮮なものが手に入ったなら、お刺身も試してみるべきでしょう。脂がのっていて、白身のトロとも言われるほどです。

のどぐろを刺身で食べるならやはり旬の季節がいつなのかが気になりますよね。

実は、のどぐろは一年を通してどの季節でも美味しく食べられる魚で、いわゆる「旬」というのは、人によって考え方が違います。

初夏が美味しいという説もありますし、晩秋から冬だと言う人もいます。

のどぐろを安くお取り寄せする

さて、そんなのどぐろ、食べてみたいですよね?

先ほども説明した通り、のどぐろは高級魚です。

新鮮なお刺身は、とりあえず、先の楽しみということにしておいて、まずは、お手軽な干物から試してみてはいかがでしょうか?

通常、のどぐろの値段は一尾1,000円からなのですが、島根県浜田港のシーライフ・オンラインなら、かなりリーズナブルな値段でのどぐろがお取り寄せできます。



シーライフオンラインなら、上の画像のようなのどぐろの干物セットが、4,320円(税込)で購入できます。

のどぐろ8尾でこの価格なので、1尾あたり540円と格安です。

もちろん、贈答用の特大サイズののどぐろの干物なども取り扱っていますし、西京漬けなどの漬け魚もあります。

この機会にのどぐろを試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
 

関連記事

乾杯

送別会の乾杯の挨拶はコレでバッチリ!

送別会で乾杯の挨拶に指名された! あわてなくても大丈夫です。 今回は、送別会の乾杯のあい

記事を読む

ダンス

フラッシュモブの費用ってどのくらい?結婚式に来てもらえる?

結婚式やプロポーズでフラッシュモブを利用する場面を目にすることが多くなりました。 自分の結婚式

記事を読む

みょうが

みょうがを漢字で書くと?旬はいつ?栄養はあるの?

料理のアクセントの薬味として人気の高い「みょうが」。子供の頃は酢漬けになってものをパリパリ食べていま

記事を読む

テンペ

納豆よりヘルシー?話題のテンペの食べ方や作り方を紹介します

 近年、健康食品として欧米で人気が出てきているテンペという食材をご存知でしょうか?ベジタリアンの間で

記事を読む

kani_ashi

冷凍かにの食べ方を徹底解説!上手な解凍の仕方とは?

 寒い季節、かにの季節がやってきました。お歳暮でいただいたり、お正月に奮発するご家庭も多いのではない

記事を読む

石づきの取り方

しいたけの石づきってどこ?取り方は?食べられるの?

しいたけの全容を想像してみて下さい。部位の名前言えますか?今回は、しいたけの石づきとはどこのことなの

記事を読む

野菜

種まきの時期を守って美味しい野菜を育てよう!

自宅の庭で好きな野菜を育てる家庭菜園!ちょっと憧れの響きだったりしませんか? でもウチには庭が

記事を読む

バーベキュー

バーベキューの炭の量ってどのくらい必要なの?

気候がよくなってくるとみんなでしたいのがバーベキュー。大学のサークルの親睦会や会社の親睦会にバーベキ

記事を読む

暑気払い

暑気払いの時期はいつ?残暑払いとどう違うの?

みんなで暑気払いをしよう!と暑くなるとビアガーデンなどに繰り出す人も少なくないのでは? そもそ

記事を読む

スーツ

スーツの衣替えの時期はいつ?どんなスーツを買っておけば良い?

4月から新生活をスタートさせた人も多くいるでしょう。街には真新しいスーツを何とか着こなし緊張の面持ち

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA





PAGE TOP ↑