*

「のどぐろ」ってどんな魚?安くお取り寄せできるのは?

公開日: : 生活全般, 買ってみた・やってみた

かつて錦織圭が帰国した際に食べたいと言って話題になった魚「のどぐろ」

どんな魚なのか気になりますよね?

のどぐろの食べ方や旬、安くお取り寄せできる方法などをご紹介します。

のどぐろってどんな魚?

のどぐろは、ホタルジャコ科のアカムツという魚の別名です。

日本海沿岸で取れる魚で、外観では目が大きいこと以外は大した特徴がなく、口から覗いたのどが真っ黒であることから「のどぐろ(喉黒)」という愛称で呼ばれています。

のどが黒いからのどぐろ

のどが黒いからのどぐろ

のどぐろは、小さいものでも1匹1,000円、大きいものになると一万円以上の値段がつくことから、高級魚としても有名な魚です。

脂がしっかりとのっていて、美味しいので、塩焼きで食べるのがおススメです。小ぶりのものでも脂がしっかりしていて、のどぐろの味が楽しめるので、ご家庭でいただくなら、小ぶりなものでも十分です。

新鮮な「のどぐろ」は、なかなか手に入りませんが、新鮮なものが手に入ったなら、お刺身も試してみるべきでしょう。脂がのっていて、白身のトロとも言われるほどです。

のどぐろを刺身で食べるならやはり旬の季節がいつなのかが気になりますよね。

実は、のどぐろは一年を通してどの季節でも美味しく食べられる魚で、いわゆる「旬」というのは、人によって考え方が違います。

初夏が美味しいという説もありますし、晩秋から冬だと言う人もいます。

のどぐろを安くお取り寄せする

さて、そんなのどぐろ、食べてみたいですよね?

先ほども説明した通り、のどぐろは高級魚です。

新鮮なお刺身は、とりあえず、先の楽しみということにしておいて、まずは、お手軽な干物から試してみてはいかがでしょうか?

通常、のどぐろの値段は一尾1,000円からなのですが、島根県浜田港のシーライフ・オンラインなら、かなりリーズナブルな値段でのどぐろがお取り寄せできます。



シーライフオンラインなら、上の画像のようなのどぐろの干物セットが、4,320円(税込)で購入できます。

のどぐろ8尾でこの価格なので、1尾あたり540円と格安です。

もちろん、贈答用の特大サイズののどぐろの干物なども取り扱っていますし、西京漬けなどの漬け魚もあります。

この機会にのどぐろを試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
 

関連記事

残暑見舞い

残暑見舞いをおくる時期は?例文はある?

暑中見舞いの時期を過ぎると次は残暑見舞いですね。暑中見舞いを出し忘れた場合は残暑見舞いを出すと喜ばれ

記事を読む

しいたけマヨ

しいたけの美味しい焼き方!トースターでも焼けるって本当?

新鮮で肉厚なしいたけが手に入ったらとりあえず「焼き」で食べたいですよね。焼き方を変えると風味や食感が

記事を読む

バーベキュー

バーベキューの火おこしのコツ!簡単に火をつける方法は?

河原や海でキャンプ!いいですよね。そこで定番なのがバーベキュー。キャンプ場によってはコンロのセットを

記事を読む

つくし

つくしを美味しく料理しよう!下ごしらえからレシピまで

春を代表する山菜と言えばつくしですね。昔は空き地やあぜ道、河川敷などどこにでも生えていてビニール袋を

記事を読む

お歳暮

お歳暮の時期っていつ?金額の相場は?

師匠も走るくらい忙しいと言うのが由来の「師走」。本当に慌ただしく過ぎて行きます。そんな忙しい時期でも

記事を読む

感染源

ノロウイルスの季節!大人と子供の症状の違いは?

 寒い時期になるとその感染力を最大に生かし猛威をふるうノロウイルス。 一旦、感染・発症

記事を読む

庭の雑草対策なら防草シートがお手軽!敷き方を写真入り紹介

寝室の前に広がるジャングル ここの一部を洗濯干し場として活用したいと思い立った。

記事を読む

イチゴ狩り

4月には果物狩りに出かけよう!農園の選び方のポイントや持ち物は?

植物が一斉に芽を出す春。4月になると日本各地で色々な果物狩りが楽しめます。地域によって「もう出来る」

記事を読む

春キャベツ

春キャベツを使った美味しいパスタ!ベスト5を紹介します

春キャベツと言えば柔らかい葉と甘さが特徴的ですよね。サラダでももちろん美味しいのですが甘さを更に引き

記事を読む

スーツ

スーツの衣替えの時期はいつ?どんなスーツを買っておけば良い?

4月から新生活をスタートさせた人も多くいるでしょう。街には真新しいスーツを何とか着こなし緊張の面持ち

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA





PAGE TOP ↑