*

疲れているのに眠れないのは何故?どうすれば寝られる?

公開日: : 最終更新日:2015/12/04 健康

体は疲れているのに、全然眠れない。明日は出張だから早起きしないといけないのに・・・。

寝なきゃと思って焦るばかりで全然眠たくならない↓

どうしたら寝られるの?

今回は、疲れてるのに眠れない原因とその解決方法を紹介します。

疲れているのに眠れない原因

疲れていても眠れないのにはいくつかの原因が考えられます。

仕事や家庭の問題からのストレス
 職場の人間関係や仕事の段取り、家庭内の問題など、いろいろな考え事が頭の中をグルグルとめぐって寝られなくなることがあります。こんな時に限って、次の日に大事な予定があったりして、あと何時間で起床しなきゃ!眠らなきゃ!なんでこんなに疲れてるのに眠れないの?というプレッシャーまで感じてしまって、かえって眠れなくなることもあります。

体内時計がくるっている
 昼夜が逆転した生活をしてしまったり、夜中にコンビニなどで明るい光に当たったせいで体が昼モードになってしまうことがあります。そうなると、体内時計が狂ってしまい、夜なのに眠れない、昼なのに眠たいという日々が続くことになってしまいます。
どんなに疲れていても朝方から眠たくなることがないのと同じです。これぞまさに銭形警部の「夜も寝ないで昼寝して」状態。

体が興奮状態になっている
 寝る前に激しい運動をしたり、熱いお風呂に入るなどして体が興奮状態になっていると疲れていても眠れません。

疲れてるのに眠れない時の解決法

朝はちゃんと起きる
 海外出張が多いビジネスマンは飛行機内では徹底的に寝るか、全く寝ないと決めている人が多いそうです。そして、どちらにも共通するのが、時差ボケを言い訳にせず、到着した現地のサイクルに合わせて動くということ。特に、昼間に寝ることはしません。朝は早く起きて、朝日を浴びます。そうすることで、体内時計が早く現地の時間に順応するのです。
体内時計がずれてしまっていると思ったら、必ず朝は起きて、朝日を浴びるようにしましょう。心配ありません。2日くらい寝なくったって大丈夫です。

夜の運動はやめる
 ダイエットに励んでいるけど、時間がないからと夜遅くに運動したりする人がいますが、運動は寝る3時間前までに済ませるようにしましょう。体が興奮状態のままなかなか寝付けない日々が続くと体調を壊したりしてダイエットに失敗しかねません。

寝る前にスマホやモニター画面を見ない
 寝られないからとベッドに入ってもスマホを眺めていたりする人は要注意。すぐにやめましょう。スマホやモニター、テレビの画面から発する光は脳を興奮状態にさせるので、余計に眠れないことになります。暖色系のライトで読書をする方がまだマシです。

悩み事を整理する
 人間の頭の中にある悩み事というのは、実はそれほど沢山ではないのですが、これを頭の中でグルグルとジャグリングのように考え続けるから解決方法が見つからないように感じてしまうのだそうです。
悩み事を思いつくかぎり紙に書いて、短冊状に切り、「すぐに解決できるもの」「時間をかければ解決できるもの」「自分の力では解決できないもの」に振り分けましょう。自分の力で解決できない悩みはゴミ箱に、時間がかかるものは引き出しに、すぐに解決できるものだけ机の上に残し、それぞれに、いつやるかを書いてみましょう。
スッキリして寝られるかもしれません。

サプリメントを利用する
 睡眠薬をのむことへの拒否反応を感じる人がまだまだ多い世の中ですが、最近では妊婦さんでものめるような成分でつくられた安眠サプリメントもあります。睡眠サプリメントで安眠できるようになれば、仕事もプライベートもうまく回転し始めて、きっと今より何倍も有意義で楽しい毎日がおくれるようになるはず。そうなれば、いつかはサプリメントなしでも眠れるようになるはずです。一時的に使うと決めてサプリメントを使ってみるのもおススメです。

maru2

いかがだったでしょうか?あまり眠れないことを心配しないで、気楽に構えることが良く眠れる秘訣かもしれませんね。

スポンサーリンク
 

関連記事

赤ちゃん

赤ちゃんのアレルギー検査はいつからできるの?費用はどのくらい?

母乳やミルクを飲む赤ちゃん。顔や体に湿疹は出来ていませんか? 赤ちゃんの湿疹には次第に治る「脂漏性

記事を読む

酵素玄米

酵素玄米の美味しい炊き方は?おススメの炊飯器はどれ?

木村拓哉さんの発言で「酵素玄米」を実践する人がだんだんと増えてきていますね。 今回は、酵素玄米

記事を読む

ニキビ

ヴァセリンはニキビやニキビ跡に塗っても大丈夫?

保湿や傷口の保護など万能に活躍するヴァセリン。外部からの刺激から肌を守る事が大きな役割ですが、ニキビ

記事を読む

ココナッツオイル

ココナッツオイルがアトピーに効果が!その理由と使い方

最近、ダイエットに効果があるとココナッツオイルを使った料理を食べている方も多いようですが、なんと!コ

記事を読む

玉こんにゃく

こんにゃくを食べ過ぎると良くないって本当?どうなるの?

ダイエッターにとって神のような食材「こんにゃく」。カロリーが低く、カルシウムやヨウ素が豊富なため、ダ

記事を読む

ニキビ

ニベア青缶はニキビに効果があるの?

思春期から出来始め、大人になっても出来たり治ったりする肌のトラブル代表ニキビ。予防や治療のためにどん

記事を読む

みょうが成分

みょうがの効能は?食べると物忘れするって本当?

蕎麦やそうめんの薬味に欠かせないみょうが。昔から食べ過ぎると物忘れするから気を付けるように言われてい

記事を読む

ふとももの脚やせに筋トレはNG!?誰でも簡単にできる方法は

ふとももの脚やせをしようと思っても、筋トレしたのでは、ごつごつと筋肉質のふとももになってしまうだけで

記事を読む

ウイルス

インフルエンザに感染した!完治までどのくらいかかる?

冬に到来するインフルエンザ。一度かかってしまうと学校や仕事を休む事になりますがどのタイミングになれば

記事を読む

そら豆

そら豆の食べ方を知っていますか?皮は食べるもの?

そら豆と言えば塩ゆでしてビールのお供のイメージが強いですよね。 それはそれで大変美味しいのですが、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA





PAGE TOP ↑