*

しいたけの美味しい焼き方!トースターでも焼けるって本当?

公開日: : 最終更新日:2015/07/27 生活全般 ,

新鮮で肉厚なしいたけが手に入ったらとりあえず「焼き」で食べたいですよね。焼き方を変えると風味や食感が変わりますので色々な方法を試してみて下さい。

今回は、しいたけの焼き方を紹介します。

SPONSORED LINK

しいたけの焼き方いろいろ

一番手っ取り早い「グリル」
魚を焼く要領で水を張り、しいたけを乗せて強火で放置です。かさの裏側に水分が出てきたら軽く塩や胡椒を振れば美味しい焼きしいたけの完成です♪下に水を張っていますのでしっとり感が失われる事なく焼きあがる正に「主婦の味方」!魚だけに占領させておくのは勿体ない場所ですよ。

トッピングが楽しい「トースター」
軸を取ってかさの裏側に色々な「具材」を乗せて焼けるのはトースター。「シーチキン×マヨネーズ」・「味噌×マヨネーズ」・「枝豆×マヨネーズ」・「マッシュポテト×明太マヨ」などなど主にマヨネーズが良く合います。「味噌×ネギ」「豆腐ハンバーグ×チーズ」など和洋折衷なんでも乗せて焼いてみましょう。放置調理なので場所を取らずに作れる便利さもあります。

しいたけマヨ

ちょっとした味付けをしたい時は「フライパン」
しいたけ焼きと言えば塩こしょうをしてポン酢を付けて食べる事が定番ですが、フライパンを使用すれば簡単に他の味付けも出来ます。焼いたしいたけに醤油を少し垂らして香りを付けたり唐辛子とバターを付けたり。ネギ味噌味や味噌ニンニクなど味噌との相性もいいので一風変わったしいたけ焼きを楽しみたい時はフライパンを使用しましょう。

一番風味良く食べられるのは当然「炭火」
焼き物ならやはり炭火が一番です。強火の遠火でじっくり焼けばしっとり旨味の強いしいたけ焼きが出来上がります。醤油やポン酢を付けて食べるとビールがどんどん欲しくなる最高の肴の完成です。炭火の場合はやはり王道の食べ方が一番ですよね♪

一口に「しいたけ焼き」と言っても色々な味がありリメイクもされています。一番多いのは「マヨネーズ」とのコラボではないでしょうか?居酒屋でもこういったメニューが多くありますよね。居酒屋だから出来るメニューと思わずに是非家庭でもトライしましょう。とっても簡単に出来ますから。

バーベキュー

また、バーベキューでもぜひ「しいたけ」焼いて下さい。そのまま塩焼きにしてもよし、かさにスライスチーズやマヨネーズを入れてもよし。しいたけが苦手と言う人もたくさんいますが、意外に「コレは大丈夫!」って焼き方に出会えるかもしれませんよ♪ちなみに、色々なしいたけ料理の中で「焼き」が一番しいたけの香りが少ない料理です。だからこそしいたけが苦手な人は色々な「焼き」を試してみてください!

スポンサーリンク
 

関連記事

コシアブラ

気軽に山菜採り、コシアブラを紹介!タラの芽より美味しい!?

山野に自生し食用になる植物の総称を山菜と呼びます。春になると天ぷらや御浸しとして日本料理店などで振る

記事を読む

入浴

自宅で炭酸風呂!簡単な作り方を紹介

美容と健康に「炭酸風呂」に入る人が増えています。なぜ、炭酸風呂?炭酸風呂って何? 今回は、炭酸

記事を読む

おでん

こんにゃくのあく抜きの方法は?レンジで簡単にできるって本当?

こんにゃくって調理前にあく抜きした方が美味しくなるって知っていました? 今回は、基本的なこんに

記事を読む

ネクタイ

結婚式のネクタイの色ってどうしたら良いの?赤とかピンクでも良いの?

結婚式のネクタイの色は白が基本でしたが、最近は常識が徐々に変化してきているようです。 あるアン

記事を読む

花粉症

風邪と花粉症の違いは?こんな症状はありませんか?

心地よい風が吹き新生活に胸を躍らせる春。 その空気を胸いっぱいに吸い込・・・・・・・・めない人

記事を読む

ペット

犬アレルギー検査の費用はどのくらい?保険はきくの?

アレルギーの中には動物に対して起こる動物アレルギーがあります。 犬や猫などペットとして親しみのある

記事を読む

煮物

たけのこの煮物の人気レシピはコレ!

春になると皮つきで目にする機会も増えるたけのこ。春の食材の中でも調理しやすく食べやすいのも特徴ですね

記事を読む

フローリング布団

フローリングに布団を敷くなら湿気対策は必須!

最近、一軒家でも賃貸住宅でも和室の部屋が減っているなと感じませんか?そのためフローリングに布団を敷い

記事を読む

車タイヤ交換

車のタイヤ交換の時期はいつ?簡単な調べ方

 車検の時やガソリンを入れている時に「そろそろタイヤ交換の時期ですね」と声を掛けられる事ありませんか

記事を読む

卒業

先輩への卒業メッセージはこう書けばバッチリ!

中学生になって部活動を始めた人にほぼ必ず訪れるであろう事の一つに「卒業する先輩への寄せ書き」がありま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA





PAGE TOP ↑