*

しいたけの賞味期限はどのくらい?保存方法は?

公開日: : 生活全般 ,

しいたけ狩りや貰ったしいたけ。賞味期限はどのくらいなのでしょう?また、大量になった場合、日持ちする保存方法はあるのでしょうか?

今回は、しいたけの賞味期限、そして、保存方法を紹介します。

SPONSORED LINK

しいたけの賞味期限はどのくらい?

しいたけに関わらず、野菜やきのこは明確な賞味期限が定まっていません。しかし、しいたけは目安として冷蔵庫で「1週間」。あくまで目安ですので、日にちよりもしいたけの状態を見て食べられるはどうかを判断した方がいいでしょう。

1週間を超えてもかさの表面や裏側が若干変色しているくらいならまだ食べられます。

逆に、2日程度でも異臭がしたり触った時にヌルヌルする場合は食べられません。

保存方法も賞味期限に大きく関わりますのでしっかり状態を見て調理するようにしましょう。

しいたけ

しいたけの保存方法は?

しいたけを冷蔵庫で保存する場合は、キッチンペーパーか新聞紙で包んでポリ袋に入れておきましょう。軸が上を向くようにすると尚良いと言われています。

使いやすい状態にカットして、フリーザーパックに入れて冷凍庫に入れておくと長期保存できます。1ヶ月から2ヶ月ほどは日持ちしますし、カット済みですのですぐに調理できます。

しいたけは湿気に弱いきのこですので、水滴がしいたけに付くと腐る原因になります。冷蔵庫で保存する場合は特に注意が必要です。

また、夏場以外なら常温保存も出来ます。その場合も新聞紙で包んで冷暗所に置いて下さい。常温 → 冷蔵 → 冷凍 の順に日持ちする日数は長くなりますが、風味は落ちます。

しいたけ保存

また、大量のしいたけがある場合は干ししいたけをつくるのもおススメです。作り方は簡単!
石づきを切って軸とかさをわけます
軸もかさも厚めにスライスするかそのままの大きさでザルなどに並べて天日干しにします。この過程で、うま味成分がぎゅっと凝縮されます
乾燥材を入れた密封容器にいれ、数日に一度日干しにする事で湿気から守られ、長く日持ちします。
干す前に洗うのはNG。水分に触れさせる事だけは止めて下さいね。

干しシイタケの作り方の動画がありますので、こちらも参考にしてください。

せっかくのしいたけですから、腐らせてしまうのは勿体ない!常温・冷蔵・冷凍・乾燥、それぞれのメリットデメリットがありますからたくさんあるのなら色々な保存方法を取って調理に生かしましょう。ちなみに、冷凍させたしいたけは解凍させずそのまま使用して下さい。解凍するとべちゃべちゃになって食感が失われます。また、生のしいたけよりも冷凍させたり天日干しにした方が栄養価も上がります。香りも強くなりますので、あの香りが好きな人にもお勧めです。

スポンサーリンク
 

関連記事

春野菜写真

4月に旬の食べ物を食べて健康になろう!

旬の野菜とは野菜が一年の中で一番栄養を蓄えている時期です。旬の野菜には、その時期の私たちの体が必要と

記事を読む

請求書

請求書在中は封筒のどの位置?手書きでも良いの?

最近できた取引先の人からの一言 「じゃあ、請求書を郵便で送ってください」 最近はEメール

記事を読む

新入社員

ネクタイを揃えるならどこで買う?ある方法を使えば激安でよりどりみどり

女性は男性のネクタイを毎日チェックしています。 入社して間もない頃は、御祝などでいただいたネク

記事を読む

元気

養命酒の効果は?飲み方と注意点を紹介

テレビCMでおなじみの養命酒ですが、本当に健康にいいの?何がどういいの?飲み方は? 今回は、養

記事を読む

車タイヤ交換

車のタイヤ交換の時期はいつ?簡単な調べ方

 車検の時やガソリンを入れている時に「そろそろタイヤ交換の時期ですね」と声を掛けられる事ありませんか

記事を読む

テンペ

納豆よりヘルシー?話題のテンペの食べ方や作り方を紹介します

 近年、健康食品として欧米で人気が出てきているテンペという食材をご存知でしょうか?ベジタリアンの間で

記事を読む

そうめん

そうめんに合うおかずと言えばコレ!美味しく夏バテ防止しよう

食欲のない夏場にとりあえず何か食べないと、なんて時にありがたいそうめん。しかし、そうめんだけでは栄養

記事を読む

みょうが

みょうがを栽培しよう!育て方は?苗はどこで買う?

夏場のそうめんの薬味としてよく目にするみょうが。実はとっても育てやすい野菜って知っていますか?買うと

記事を読む

野菜

種まきの時期を守って美味しい野菜を育てよう!

自宅の庭で好きな野菜を育てる家庭菜園!ちょっと憧れの響きだったりしませんか? でもウチには庭が

記事を読む

おぼろ豆腐って何?栄養やカロリーは?絹ごしとは違うの?

昔からある絹ごし豆腐や木綿豆腐に加えて、おぼろ豆腐というものを見かけるようになりました。 木綿

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA





PAGE TOP ↑