*

節分の豆まき 今年は作法を間違えない!

公開日: : 最終更新日:2014/11/21 生活全般 , ,

 幼稚園や保育園、時には自宅にまで鬼がやってきて、子供たちが泣きながら豆をぶつける「節分の豆まき」。この豆まきには、実は、正しい作法があるということを知っていますか?

 今回は、節分の本来の意味や、豆まきの作法などについて解説します。

SPONSORED LINK

節分の由来とは

 節分とは、季節の分かれ目の事で、「立春」「立夏」「立秋」「立冬」のそれぞれの前日です。つまり、年間4回あることになります。

でも、豆まきをするのは2月3日だけですよね?これは、冬から春になる時期を一年の境目と考えたからなんだそうです。

この時期に豆を撒くのは「追儺(ついな)」と呼び、中国から伝わった「鬼払い」「魔除け」の儀式の一つです。撒かれる豆は、大豆を炒ったものが主流ですが、地域によっては掃除が楽な事から落花生を撒く所もあります。

豆の他にも、鬼が嫌いな「柊・鰯の頭」を使った鬼払いもあります。鰯の頭と柊は玄関の外に飾り、魔除けにします。

節分の豆まきの作法は?

「鬼が来たー!」「きゃー!!」バラバラバラ・・・

ではなく、豆まきにもちゃんと作法があります。家庭で豆まきをする場合の基本的な作法を知っておきましょう。

  1. 福豆を用意します
  2. 炒った大豆を夜まで枡、または三方(お供え用の器)に入れ、神棚に供えておきます。

  3. 夜になって家族全員が揃ってから撒きます
  4. 豆まきをするのは一家の家長のみです。年女や年男、厄年の人がする事もありますが本来は家長の役目です。
    玄関を開けて「鬼は外!」と撒き、すぐに玄関や窓を閉めます。その後、「福は内!」と奥の方の部屋から順に撒き、最後に玄関に撒きます。撒く回数などは地域によって異なります。
    玄関に撒いてすぐに閉めるのは鬼が入ってこないようにするため、部屋の奥から撒くのは家の中から追い出すためです。鬼は夜中にやってきますので、豆まきは夜にします。

鬼と福

節分の豆の食べ方の作法

 豆まきが終わるとその豆を食べます。節分の豆はいくつ食べますか?

これも地域によって異なりますが一般的には「自分の歳より一つ多い数」です。

人生が進んでいきますとこの数が段々辛くなって・・・という場合には「福茶を飲む」方法でもいいそうです。本来は、新年に初めて汲んだ水でたてるお茶ですが、福豆にお茶を注ぐだけでも大丈夫です。お茶の中に昆布と梅干を入れると風味もよく頂けます。

 小さな頃は楽しくも怖い豆まき。大人になると「片付けが~」や「今年の鬼は誰がする?」など面倒くさい子供向けのイベントと思われがちですが、一年の厄払いをするためですから、面倒くさがらずにしきたりどおりにやりたいものですね。

「袋に入った豆」を撒いたり、「落花生」を食べたり、と現代風にアレンジされた豆まきになってきましたが、できるなら、昔から受け継いできた大切な儀式を後世にも伝えて行きたいですね。

スポンサーリンク
 

関連記事

ひな人形

ちらし寿司に合うおかずは何?低カロリーなものもピックアップ!

3月と言えば女の子のお祭り「桃の節句」ですね。そこで出される食事のメインはやはり「ちらし寿司」でしょ

記事を読む

自転車

自転車あさひの店舗はどこにある?

 堀北真希さんがCMに出演している自転車あさひのネットで注文して店舗で受け取れるサービスは、便利そう

記事を読む

恵方巻き②

2015年 節分の恵方巻きの方角は?

 2015年の節分。豆まきと同様に、子供たちも楽しみにしているのが恵方巻きです。  普段なら切って

記事を読む

フローリング布団

フローリングに布団を敷くなら湿気対策は必須!

最近、一軒家でも賃貸住宅でも和室の部屋が減っているなと感じませんか?そのためフローリングに布団を敷い

記事を読む

請求書

請求書在中は封筒のどの位置?手書きでも良いの?

最近できた取引先の人からの一言 「じゃあ、請求書を郵便で送ってください」 最近はEメール

記事を読む

うな丼

冷凍ものでも十分おいしいうなぎの上手な温め方とは?

冷凍のうなぎの蒲焼ってどうやって温めていますか?お皿に出してラップをかけてレンジでチン♪で終わってい

記事を読む

花粉症

風邪と花粉症の違いは?こんな症状はありませんか?

心地よい風が吹き新生活に胸を躍らせる春。 その空気を胸いっぱいに吸い込・・・・・・・・めない人

記事を読む

あく抜き

わらびのあく抜きに失敗した!どうすれば食べられる?

春に楽しめる山菜のひとつにわらびがあります。全国どこでも手に入る食材ですがとってもアクが強いためあく

記事を読む

モロヘイヤ

モロヘイヤを栽培しよう!プランターを使った育て方も紹介します

野菜の王様「モロヘイヤ」。沢山食べたいならスーパーで買うのではなく自分で栽培しませんか?とても強い野

記事を読む

エアコン

家庭用エアコンの取り外し方!自分でできる!

引っ越しやエアコンの買い替えの時、どうやってエアコンを取り外していますか?ほとんどの方は業者さんにお

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA





PAGE TOP ↑