*

【松茸の豆知識】英語で何という?毒があるって本当?養殖してるの?

公開日: : 最終更新日:2015/07/08 生活全般 ,

食用きのこの王様「松茸」。日本では「香り松茸、味しめじ」と言う程その香りが愛され、土瓶蒸しや炭火焼などで食される事が多いきのこです。海外ではどうなのでしょう?

SPONSORED LINK

松茸を英語で何という?

松茸は国産だけでなく中国や韓国から輸入されている事は有名ですよね。しかし、実は北米からも輸入されているって知ってました?「T-magnivelare」と言う種類で日本の松茸とは別種ですが、類似の形態・食味・香りを持つきのこは全て「松茸」と言われますのでこのきのこも日本では「松茸」として扱われます。

アメリカやヨーロッパでは松茸はどういう取扱いなのでしょう。英語で松茸は「matsutake mushroom」と言います。カタカナで分かりやすく書くと「マツタケ マッシュルーム」。何だか違和感ありですよね。しかも松茸の独特の香りが「軍人の靴下の臭い」や「数か月も風呂に入っていない不潔な人の臭い」と言われ嫌われているのです。日本人からすればびっくり!逆に欧米諸国からすればそんな松茸を好んで食べる日本人にびっくりなのでしょうね。それでも販売はされています。アメリカではシアトル周辺で購入できるそうですよ。

松茸に毒がある?解毒する方法とは?

松茸に限らず毒がないと言われているきのこでも微量の毒が含まれている事もあります。もちろん致死量に至るような毒ではありません。しかし、生で食べるとお腹を壊したり吐き気を催す事もあります。解毒のためには「加熱」が一番。どんなきのこでもそうですが生で食べる事は控えてなるべく火を通すようにしましょう。

松茸は養殖してるの?

国産松茸は高額ですよね~。昔は日本中の山で松茸が大量に採れていた時代もありました。しかし、森林の伐採や松茸の乱獲によりその個数は減少の一途をたどり現在の高価なきのこの王様にまでなってしまいました。

では、市場に出回っている松茸は天然でしょうか?養殖でしょうか?正解は「ほぼ天然」。

ほぼとは?

松茸は室内での人工的な養殖に成功していません。室外の人工地でも養殖は可能ですが、菌糸の成長に時間がかかるため、あまり成果を上げる事が出来ていません。そのため元々松茸が発生している場所の環境を整える事や発生場所に松茸の菌糸を撒く事などで養殖に近い事を行ない、多少の成果を上げています。松茸の完全養殖にはまだまだ月日が必要なのですね。

松茸

国産の松茸が店頭に並ぶと「秋だな~」と感じますよね。しかし、海外ではあまり好まれていないなんてちょっとショックですよね。和食が大好きな外人さんにちょっと聞いてみたくないですか?「この土瓶蒸しの香りはいかがですか?」ってね♪

スポンサーリンク
 

関連記事

花見

花見弁当を手作り 簡単で見栄えのするレシピはコレ!

日本の春と言えば「桜」!そして名物の「花見」!会社の同僚と、ママ友と、家族で、友達同士で。その場で必

記事を読む

こんにゃく

こんにゃくのカロリーはどのくらい?ダイエット用レシピも紹介♪

食事制限ダイエットの強い味方「低カロリー食材」。代表的なものに「こんにゃく」があります。板こんにゃく

記事を読む

はがき

暑中見舞いの時期はいつ?ビジネス用文例も紹介

年賀状などに比べると送る人の少ない暑中見舞い。だからこそ、ビジネスの世界においても1通出すだけで存在

記事を読む

恵方巻き②

2015年 節分の恵方巻きの方角は?

 2015年の節分。豆まきと同様に、子供たちも楽しみにしているのが恵方巻きです。  普段なら切って

記事を読む

バーベキュー

バーベキューに必要なもの、便利なものを紹介します

仲間内での楽しいバーベキュー。幹事になったら準備が大変ですね。 今回は、バーベキューに必要なも

記事を読む

そうめん

そうめんに合うおかずと言えばコレ!美味しく夏バテ防止しよう

食欲のない夏場にとりあえず何か食べないと、なんて時にありがたいそうめん。しかし、そうめんだけでは栄養

記事を読む

花束

退職の送別会での挨拶はどうすれば良い?【送る言葉編】

退職者の送別会で挨拶を依頼された! 何を話したら良い?言ってはいけない事はある? 今回は

記事を読む

モロヘイヤのおひたし

モロヘイヤの人気レシピを紹介します

栄養価の高い野菜として有名なモロヘイヤ。今回は、モロヘイヤの人気レシピを紹介します。 レシピの

記事を読む

えごま

えごま油としそ油の違いは?美肌に効能があるって本当?

最近、ダイエットに効果があるとして注目されているえごま油ですが、スーパーで探してもなかなか見つからな

記事を読む

モロヘイヤ

モロヘイヤには毒性があるって本当?正しい食べ方は?

とても栄養価が高く「王様の野菜」とも言われるモロヘイヤ。実は食べる場所を間違えるととても危険な植物な

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA





PAGE TOP ↑