*

新生児のアトピーはいつから出る?乳児湿疹との違いは?

公開日: : 最終更新日:2015/07/01 健康 , ,

産まれて数週間たったくらいから赤ちゃんの肌がボツボツと。これって乳児湿疹?それともアトピー?その違いはどこにあるのでしょう?

今回は、新生児のアトピーがいつから出るのか?また、乳児湿疹との見分け方を解説します。

SPONSORED LINK

新生児のアトピーの症状はいつから出る?

赤ちゃんはとても代謝が激しく、なおかつその肌の薄さは大人の半分しかありません。そのためママの母乳の質や汗などが原因による湿疹が出来る事がよくあります。小児科や皮膚科に行くと「乳児湿疹だね」と言われる事がほとんどではないでしょうか?

しかし、治らない・・・。

そして、もう一度受診すると「アトピー」と言わる事もあります。

これは赤ちゃんには他にも湿疹を発症する病気がいくつもあり、アトピーと乳児湿疹の違いが分かりにくいためです。

実は、アトピーの症状自体は生後1~2ヶ月の時に既に出ています

頭から始まり、顔・首とどんどん下降していきます。食物アレルギーの検査をすると4ヶ月ごろには卵白が陽性になっている子が60%を超えるとも言われています。

アトピーと乳児湿疹の違いとは?

アトピーは何度も繰り返す湿疹
乳児湿疹は肌トラブルによる湿疹

この二つの湿疹は、原因こそ違えど、見た目はほとんど違いがありません。医師でも見分ける事が難しいほどです。そのため、素人目に見てどちらか判別する事は無理でしょう。自分判断で市販の薬や保湿剤を使用するのではなく病院に行って医師の診断を仰ぐ事をお勧めします。

新生児アトピー

新生児のアトピーの対処法

新生児に限らず、アトピーの天敵は体内外から攻撃してくるアレルゲンです。
体内のアレルゲンに関しては、母乳の場合は、ママの食事を変える事が一番です。ミルクの場合は、アレルギー用のミルクもありますから使用すると違いが出る事もあります。

後は、アトピーの患部を清潔に保つ事。ガーゼでゴシゴシ拭くのではなく、優しく汗を拭き取ってあげましょう。お風呂で石鹸を付けすぎる事もよくありませんのでしっかり洗い流してあげるようにして下さいね。

アトピーの食事を紹介

アトピーっ子ちゃんのママは自分の食事にも気を使わなければなりません。母乳にはその食事がそのまま流れて行きますので、煮魚やお味噌汁など和食を中心とした食事にするようにしましょう。卵かけごはんやピーナッツバターは×。離乳食の乳製品や卵はアレルギー検査を行ってから。アレルギー検査は4ヶ月ごろから行えますので離乳食を始める前に行っておくといいでしょう。

アトピー=アレルギーではありませんが、アトピーもアレルギーの一種です。食品へのアレルギー反応が肌に現れるのもアトピー。赤ちゃんがいる場所の環境と共に食事にも気を使うようにしましょう。

スポンサーリンク
 

関連記事

盲腸

虫垂炎の初期症状と見分け方!放っておくと命にかかわる!

子供の時にかかると症状が軽く、大人になってかかると症状の重い病気の代表に「虫垂炎」があります。虫垂炎

記事を読む

夏バテ

夏バテの症状ってどんなものがある?吐き気がするんだけど・・

いつの間にか四季が無くなった気がします。細かく言えば春と秋が短い!つまり先週までコートが必要なくらい

記事を読む

イチゴのケーキ

アレルギー対応ケーキのレシピを紹介します

子供の誕生日、バースデーケーキはどうしよう?ママ友との集まりケーキを焼きたいけど確かアレルギーの子が

記事を読む

ココナッツオイル

ココナッツオイルがアトピーに効果が!その理由と使い方

最近、ダイエットに効果があるとココナッツオイルを使った料理を食べている方も多いようですが、なんと!コ

記事を読む

捻挫

症状別 足首のテーピングのやり方。動画も使って紹介します

テーピングと言えばスポーツをしている人だけが必要な知識と思われがちですが、普段の生活の中でもとても役

記事を読む

くぎ煮

いかなごを美味しく食べられるくぎ煮のレシピ

いかなごという魚を聞いた事のない方も多いかもしれません。しかし名前を変えると・・・?関東方面では「こ

記事を読む

漢方

半夏厚朴湯の効果とは?副作用はある?

様々な漢方薬がありますが、半夏厚朴湯と言う漢方薬を知っていますか? 名前で言われるとピンとこないか

記事を読む

膝の痛み

膝が痛い!どの病院に行けば良い?

こんなお悩みはありませんか? ・階段の上り下りが辛い ・下に落ちた物を取る時に痛みが走る

記事を読む

ニキビ

ニベア青缶はニキビに効果があるの?

思春期から出来始め、大人になっても出来たり治ったりする肌のトラブル代表ニキビ。予防や治療のためにどん

記事を読む

膝痛

膝のテーピングの効果的な巻き方で、楽に動けるようになろう!

膝関節の炎症などによる痛みがあるときには、テーピングを巻くと効果的です。テーピングをすると、動きやす

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA





PAGE TOP ↑