*

こんにゃくを食べ過ぎると良くないって本当?どうなるの?

公開日: : 最終更新日:2015/06/28 健康 ,

ダイエッターにとって神のような食材「こんにゃく」。カロリーが低く、カルシウムやヨウ素が豊富なため、ダイエット中の食事にとても重宝します。しかし、こんにゃくを食べ過ぎるとよくないって聞いた事ありませんか?なぜそう言われるのでしょう。

今回は、こんにゃくの食べ過ぎについて解説します。

SPONSORED LINK

こんにゃくを食べ過ぎるとよくない?

300gで21kcalしかないこんにゃくはダイエットの強い味方です。色々な調理法もあり、飽きにくいため、三食色々な場面に使用したい所ですが、ちょっと待って!一日に食べるこんにゃくの量は250gを限度にしておきましょう。それは、こんにゃくの消化が原因です。こんにゃくはとにかく消化されにくい食べ物です。そのため食べ過ぎると腸が詰まって腸閉塞になる危険性があります。また、胃腸が弱っている時に大量に食べると消化吸収が更に遅くなりますので体を壊す原因になります。

こんにゃくダイエットは危険なの?

こんにゃくダイエットとは何でしょう?一日のうち一食をこんにゃくで賄う事が基本のダイエット方法です。つまり、夜ご飯がこんにゃく料理だけ!と言った感じで1食分の摂取カロリーを抑える事を目的としています。

このダイエット方法自体は特に問題とは言えませんが、気を付けなければいけないのがその1食で食べるこんにゃくの量です。カロリーが低いからと500gほどのこんにゃくを食べると腸閉塞の危険が・・・。一食をこんにゃくに置き換えるダイエット方法よりも250gのこんにゃくを料理の中に組み込む事で摂取カロリーを減らすダイエット方法に変える事をお勧めします。

また、玉こんにゃくを甘辛く炊いておき串に刺して小腹が空いた時に摘まむと下手なおやつを食べるよりもぐっと満腹感があり摂取カロリーを抑える事もできますよ。

玉こんにゃく

成人女性は一日最低でも1200kcalを必要とします。これは生命維持に必要な熱量です。更に歩く・話す・動く事で消費カロリーが増えて行きます。このカロリー数を下回ると体が「このままではダメだ!」と判断し基礎代謝量を落としてしまいます。結果痩せにくい体質へとなって行くのです。ダイエットを成功させるためには「必要なエネルギーはちゃんと摂る」ことが絶対条件です。だた、単純に摂取カロリーを落とすためにこんにゃくを大量摂取する事はやめましょう。目標を「痩せる」ではなく「綺麗に痩せる」に変える事も大切です。ガリガリに痩せた体にこけた頬なんて美しくないですよね。適量のこんにゃくを食べる事で綺麗にダイエットするようにしましょう!たくさん噛む事も忘れずに♪

スポンサーリンク
 

関連記事

油

マーガリンが有害?サラダ油もだめ!?何を食べたら良いの?

マーガリンが有害だというのはかなり有名になってきましたが、そもそも何が有害なんでしょうか? 今回は

記事を読む

焼き菓子

ショートニングが危険って本当?ってことは何がダメなの?

ショートニングと言う食品を知っていますか?名前は聞いた事があるけど実際どんな食品なのか分からない!と

記事を読む

油

えごま油を食事に取り入れよう!美味しいレシピを紹介します

「健康にいい」「ダイエットに効果的」と話題になる商品はたくさんあります。えごま油もそのひとつ。どんな

記事を読む

アレルギー

アレルギー検査費用はどのくらい?保険はきくの?

アレルギーとは「アレルゲン物質」に対して体が過剰な防衛反応を示す事です。鼻炎や花粉症、じんましんもア

記事を読む

効果の高いパック入り水素水!トラストウォーターのレビュー

効果が高いと評判の水素水「トラストウォーター」を実際に購入してみました。 ⇒トラストウォーター

記事を読む

入浴

自宅で炭酸風呂!簡単な作り方を紹介

美容と健康に「炭酸風呂」に入る人が増えています。なぜ、炭酸風呂?炭酸風呂って何? 今回は、炭酸

記事を読む

マテ茶

マテ茶にカフェインは入ってる?妊婦は飲んでも大丈夫なの?

マテ茶はアルゼンチンやブラジルなどの南米大陸で広く親しまれているお茶です。 ビタミンや鉄分、カルシ

記事を読む

バスケットボール

バスケ用膝のテーピングのやり方

スポーツをしていると膝に異変を感じる事があります。 特にバスケットボールは「走る・跳ぶ・しゃがむ」

記事を読む

盲腸

虫垂炎の初期症状と見分け方!放っておくと命にかかわる!

子供の時にかかると症状が軽く、大人になってかかると症状の重い病気の代表に「虫垂炎」があります。虫垂炎

記事を読む

予防接種

症状が軽いインフルエンザが流行中?見分ける方法や対処法は?

インフルエンザの症状と言えば「高熱」「関節の痛み」などが挙げられますが、近年その症状があまり出ない人

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA





PAGE TOP ↑