*

就活の面接でアピールできるネクタイの柄と色の選び方

公開日: : 最終更新日:2015/06/22 ビジネス , ,

夏になるといよいよ就活が始まりますね。少しでも自分自身をアピールしたい就活の面接。ネクタイの柄や色にもしっかりとこだわりたいものです。

今回は、就活で失敗しない・・・・ではなく、あなたを積極的にアピールできるネクタイの柄と色の選び方を紹介します。

就活のネクタイの柄と色

就活の面接、粗相のないようにすることはもちろん、しっかりとあなたをアピールして希望する会社に採用されたいですよね。

それだったら、一般常識やマナーを覚えたり、面接で答える言葉の準備をするだけでは不十分です。

ネクタイの柄と色にもしっかりとこだわりましょう。

面接官はほんの短時間で多くの就活生を見ます。だから、あなたの仕草や言動はもちろん、服装などからもあなたの性格を読み取ろうとするのです。

例えば、あなたが就活の面接に薄い紫色のネクタイをしていったとします。紫色が与える印象は、「ちょっと不思議な人」「夢見がち」「天才肌系」といったイメージ。ほとんどの会社では「使いにくそう」と思われる可能性が高いでしょう。

それでは、無難に紺色にするのが良いか、というとそうでもありません。やはり、あなたが面接でどのような人だと見てもらいたいかによって色や柄を決めるのが良いでしょう。

それでは、早速選んでいきましょう。

ネクタイの色が与える印象

就活の面接に限らず、ネクタイの色によってどのような印象を与えられるかを簡単に解説します。

青系
青系の色のネクタイは、「冷静」「礼儀正しい」といった印象を与え、信頼感を演出したい時に最適です。おススメは、就活の面接や新企画のプレゼンテーション時。また、明るい青色なら爽やかな印象になり、濃い青色なら落ち着いた印象になります。

赤系
赤系の色は、活発で情熱的な印象を相手に与えます。面接時をはじめ、あらゆる場面であなたのことを積極的にアピールしたい時は赤系のネクタイがおススメです。ピンク色は女性からの好感度が上がるので、女性の同僚や上司とうまくコミュニケーションできない時に使うと良いですが、就活の面接時は避けた方が良いようです。

黄色系
黄色系のネクタイは、元気でエネルギッシュ、あたたかい印象を相手に与えます。人に親近感や明るさを感じさせる色ですので、青や赤はちょっと・・・という方は、黄色で攻めてみるのも良いかもしれません。

黒系
黒やグレーのネクタイは、頭が良さそう、仕事ができそうな印象を与えます。しかし、地味な印象もありますし、「冷たい」と思われる場合もありますので、面接時には避けた方が無難でしょう。また、就活が終わった後でも、黒系のネクタイはスーツやシャツとの組み合わせが難しいので、安易に手を出すのはやめておいた方が良いでしょう。

そして、ネクタイの柄ですが、これは、一般的なストライプ、水玉、無地、チェックなどであれば問題はありません。ただし、キャラクターものやあまりに奇抜なものは絶対にやめておきましょう。

ネクタイは何本くらい揃えたら良い?

就活用のみであれば、ネクタイは1本あれば十分です。

でも、いずれは就職して毎日ネクタイをするようになるのであれば10本くらいは必要になるでしょう。

ネクタイの金額はピンからキリまであります。100円均一でも購入できますし、3万円以上するものもあります。

新社会人なら、5,000円から1万3千円くらいの価格帯のものを選ぶべきでしょう。それだけで、少なくとも5万円の出費になります。

しかも、10本のネクタイを何年も使いまわすと、女性社員からの目も厳しくなってくるので、少しずつ買い足していくことになります。一人暮らしの部屋も借りないといけないし、食費もばかにならないし、ネクタイにそんなにお金を使っていられないですよね。

そんな新社会人にうれしいサービスが2015年7月からはじまります。

それは、ネクタイレンタルサービスのKASHI KARIです。月額1,980円(税込)でネクタイが数本レンタルできます。気に入らないものや飽きたものは返却すれば別のネクタイが送られてきます。返却の送料もクリーニング代もかからないので、純粋に1,980円です。年間24,000円弱なので、年に2本ネクタイを購入する金額で、お気に入りのネクタイを選び放題だったら、安いですよね。

このKASHI KARI、登録は今のうちにしておくことをおすすめします。
同じ会社がやっている、女性用の服のレンタルサービス「air Closet」は大人気で、すでに数千人の方が登録待ちの状況です。

今のうちにメアドだけでも登録しておくことをおすすめします。

6月中はキャンペーン中で、メアド登録者には抽選で10万円相当のブランドもののネクタイやネクタイピンなどが当たるようですよ。

⇒詳しい情報はコチラからどうぞ

スポンサーリンク
 

関連記事

請求書

請求書の保存期間はどのくらい?個人事業主と法人で違いはあるの?

受け取った請求書を見て支払いを済ませた後、その請求書をどのように扱っていますか?請求書などの書類は保

記事を読む

mail

ビジネスメールでの挨拶の書き方はこれだけでバッチリ

メールでの連絡が一般的になっている昨今、以前なら郵便でやり取りしていた挨拶もメールで済ますことが多

記事を読む

郵便

個人から出す請求書に送付状は必要!?文例や封筒の書き方なども紹介します

会社から会社、会社から個人へ請求書を出す事は普通にある事です。各会社にそれぞれのひな型があり、書き込

記事を読む

納品書

納品書って必要あるの?正しい書き方とは?

品物を購入した時などに時々ついてくる納品書。あれって必要なものなのでしょうか?なぜ納品書があるのでし

記事を読む

請求書

個人から出す請求書の書き方は?手書きでも大丈夫?

請求書や見積書と聞くと法人や団体などが使用するイメージがありますが、個人で請求書を書くこともあります

記事を読む

押印

請求書に印鑑って必要なの?個人の場合は?押す位置は?

あなたの手元に請求書を1通出してみて下さい。そこに発行者の印鑑はありますか? 今回は、請求書に

記事を読む

見積書

見積書の書き方は覚えなくてイイ!!簡単無料で作成する方法

最近は、就職しないで、個人で起業する人も多くなってきました。 そんな人がぶつかる問題の一つに見

記事を読む

手紙

4月の手紙の書き出しはこうすればバッチリ!【ビジネス編】

入社して一番初めの仕事、それは挨拶状を出すこと。もちろん書くのは新入社員のあなた自身!学生の頃のよう

記事を読む

手紙

2月に書く手紙の書き出しはどうしたらいい?

メールやSNSが普及し手紙を書くという機会が失われつつある現代ですが、こういう時代だからこそ自筆する

記事を読む

面接

企業面接の質問タイムは自分を売り込むチャンスです

 書類選考や筆記試験を通ってこぎつけた企業面接。周囲のライバル達とあなたの間の能力差はほとんど違わな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA





PAGE TOP ↑