*

えごま油をアトピーに塗ると治るって本当?その理由とは?

公開日: : 最終更新日:2015/06/11 健康 , ,

えごま油でアトピーが治るっていう話を聞いたことはありますか?

実際に、えごま油はアトピーに高い効果を発揮します。でも、えごま油はアトピーに「塗る」のではありません。

では、えごま油をどうすればアトピーに効果を発揮するのでしょうか?

SPONSORED LINK

えごま油はアトピーに塗るのではなく・・・

アトピーを改善したいなら、えごま油を塗るのではなく。食事に取り入れるようにしましょう。

えごま油には、α―リノレン酸が豊富に含まれています。α―リノレン酸には、炎症反応を抑える効果があるので、これを摂ることによって、アトピーなどの炎症反応を抑えることができます。

そもそも、なぜアトピーになるかというと、私たち日本人は一般的にリノール酸を摂りすぎているのです。
リノール酸は、サラダ油やベニバナ油、コーン油、大豆油といった、私たちが日常的に食事に使用している油に多く含まれています。
そして、このリノール酸に、アトピーなどの炎症を促進する効果があるのです。

本来、α―リノレン酸とリノール酸を1:4程度の割合でバランスよく摂っていれば、必要な時にはリノール酸の働きで炎症反応が起こり、必要が無くなればα―リノレン酸の働きによって炎症反応が治まります。

ところが、私たちは、リノール酸を多量に摂り、α―リノレン酸はほとんど摂れていません。

すると、一度炎症反応が起きると、抑える物質が出ませんので、いつまでたっても炎症反応が続くことになります。これを高炎症状態と言い、アトピーをはじめとするアレルギーを持つ人たちはこのような状態になってしまっているのです。

高炎症状態だと、本人も痒みや痛みに苦しめられますし、活性酸素が正常な細胞にもどんどんと攻撃を仕掛けるので、癌などのより深刻な病気へと進んでいく可能性もあります。

一刻も早くえごま油を食事に取り入れて、アトピーを治しましょう。

えごま

えごま油は加熱厳禁?正しい使い方とは

えごま油がアトピー改善に良いことはよくわかりました。

では、早速炒め物に使うことにしましょう・・・・。

ブッブー!!

えごま油は加熱厳禁です。α―リノレン酸は非常に酸化しやすく、加熱して酸化してしまうとかえって体によくありません。

えごま油の正しい食べ方は、サラダのドレッシングにする、出来上がった料理がある程度冷めてから回しかけて食べるようにしましょう。

また、どのえごま油を買ってもアトピーに良いとは限りません。必ずコールドプレス(低温圧搾)のもので、遮光瓶に入っているものを選びましょう。透明の瓶やボトルに入って、常温の棚に並べられているえごま油は、アトピーに有効な成分は全部なくなっていると考えて間違いありません。

もし、条件に合うようなえごま油が見つからないなら、インターネットの通販で、えごま油とほとんど同じ効果が期待できる亜麻仁油が手に入りますので、そちらを使うのも良いかもしれません。

⇒亜麻仁油はここから購入できます

購入したえごま油や亜麻仁油は使用しない時は必ず冷蔵庫で保管し、封を開けた後は、1ヶ月を目安に使い切るようにしましょう。

さあ、えごま油の正しい使い方はご理解いただけたでしょうか?もう、お肌に塗ったりはしませんよね?

一日も早くアトピーが良くなると良いですね。

スポンサーリンク
 

関連記事

えごま

えごま油としそ油の違いは?美肌に効能があるって本当?

最近、ダイエットに効果があるとして注目されているえごま油ですが、スーパーで探してもなかなか見つからな

記事を読む

酵素玄米

酵素玄米の美味しい炊き方は?おススメの炊飯器はどれ?

木村拓哉さんの発言で「酵素玄米」を実践する人がだんだんと増えてきていますね。 今回は、酵素玄米

記事を読む

イチゴのケーキ

アレルギー対応ケーキのレシピを紹介します

子供の誕生日、バースデーケーキはどうしよう?ママ友との集まりケーキを焼きたいけど確かアレルギーの子が

記事を読む

飲み薬

かゆみ止めの飲み薬ってあるの?副作用は?

痒くて痒くて仕方ないアトピー性皮膚炎。痒み止めの塗り薬や保湿剤などを使用している人も多いのでは?でも

記事を読む

発熱

肺炎の症状を解説【子供編】

風邪と思っていたら「肺炎」だった!なんて経験ありませんか? 随分治りが悪いなと思って病院に行っ

記事を読む

ルイボスティー

ルイボスティーが健康に良いらしいけど、副作用はないの?

2000年代初めころから健康に良いお茶として日本でも飲まれるようになったルイボスティー。健康に良いと

記事を読む

太陽アレルギー

太陽アレルギーの症状とは?日焼け止めで防げる?

太陽アレルギー・紫外線アレルギーと言うアレルギーを知っていますか?今回は、太陽アレルギーについて解説

記事を読む

猫

猫アレルギーを克服するにはどうしたらいいの?

現在、アレルギー患者の中でも動物のアレルギーを持つ人の割合が増えています。 特定の動物が同じ部屋に

記事を読む

松茸

【松茸の豆知識 part2】アレルギーがある?松茸を使った慣用句

その独特の香りが好まれ希少価値の高さから秋の味覚の王様とも言われる「松茸」。 そんな松茸にアレ

記事を読む

花粉症 薬

眠くならない花粉症薬で効果的な市販薬の選び方

春先から花がムズムズ、目がかゆくなってくしゃみが止まらなくなって来る花粉症。しかし、薬を飲むと眠気に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA





PAGE TOP ↑