*

小麦アレルギーの症状は?治療したら治る?

公開日: : 健康 , ,

食物アレルギー患者のアレルゲンランキングでどの年代でも常にトップ10入りをしている「小麦アレルギー」。どのようなアレルギーなのでしょう。

今回は、小麦アレルギーの症状について、また、治るのかどうかについて解説します。

SPONSORED LINK

小麦アレルギーの症状とは

小麦アレルギーには、他の食物アレルギーと違い、「経皮感作」というメカニズムがあります。これは、皮膚に使う石けんで小麦アレルギーになったり、アレルギー症状が出る事を言います。

「加水分解小麦型食物依存性動物誘発アナフィラキシー」と呼ばれ、現在、大人の小麦アレルギー患者が増えています。

某せっけんを使用して小麦アレルギーになり、麺類が食べられない。なんて一時期ニュースになったあの症状です。アレルギーの症状としては、蕁麻疹や発疹・まぶたの腫れなどが多くあります。他にも喉の痛みや吐き気・嘔吐、腹痛、下痢、くしゃみ、鼻水、喘息、呼吸音何、血圧低下、多脚の冷え、めまい、意識喪失など深刻な症状が出るケースが多いです。

小麦

小麦アレルギーは治るの?治し方は?

小麦アレルギーに限らず、食物アレルギーは完治する事が非常に難しい病気です。子供のアレルギーは成長するに従い、段々レベルが下がり、治る事もありますが、大人になってからのアレルギーは完治しないと思った方がいいでしょう。

しかし、その反応を少しでも和らげる事はできます。その方法は、アレルギー治療の基本「原因の除去」です。

食物アレルギーの場合、同時にダニやノミ・ハウスダストアレルギーの場合が多くあります。一つのアレルゲン物質に対して反応が出ている時、抵抗力が落ちますので、他の物質でも反応しやすくなってしまいます。ダニやノミ・ハウスダストのアレルギーを避けるために掃除を小まめに行うようにしましょう。
そして、一番大切で難しいのが「健康的な生活」を送る事です。「小麦を使用しない」栄養バランスの取れた食事・適度な運動・良質の睡眠・リラックスできる環境作りなど体も心もゆったりとする時間が大切です。ストレスが軽減されるだけでアレルギー反応が出にくくなったと言うケースもありますし、逆に仕事が忙しく疲れが溜まっている時はアレルギー反応が出やすい事も知られています。

アレルギー

食物アレルギーはとにかく「治りにくい」病気です。子供のアレルギーは成長して内臓や器官が強くなる事で治る事も多くあります。どちらにせよ、アレルギー反応が出ている時期は除去などの対策をしっかりと取って、年に一度はアレルギー検査を受けるようにしましょう。自分がどのくらいの数値なのかが分かれば対策も変わってくると思いますよ。

スポンサーリンク
 

関連記事

くぎ煮

いかなごを美味しく食べられるくぎ煮のレシピ

いかなごという魚を聞いた事のない方も多いかもしれません。しかし名前を変えると・・・?関東方面では「こ

記事を読む

ジャンクフード

トランス脂肪酸入りの食品に要注意!!その理由とは

2015年6月16日、アメリカがトランス脂肪酸を含む食品を3年以内に全廃すると発表しました。トランス

記事を読む

甜茶

花粉症対策にお茶が効く!?

まだ肌寒い時期からくしゃみが出始め、気が付けば鼻水タラタラ、目は痒くて涙が止まらない・・・。

記事を読む

ひな人形

ちらし寿司に合うおかずは何?低カロリーなものもピックアップ!

3月と言えば女の子のお祭り「桃の節句」ですね。そこで出される食事のメインはやはり「ちらし寿司」でしょ

記事を読む

入浴

自宅で炭酸風呂!簡単な作り方を紹介

美容と健康に「炭酸風呂」に入る人が増えています。なぜ、炭酸風呂?炭酸風呂って何? 今回は、炭酸

記事を読む

アトピー

アトピーは肌に触れたらうつる?気を付けるべきこととは?

通常、子供の頃にアトピーでも、成人するにつれて治っていきます。ところが、大人になって、ストレスにさら

記事を読む

発熱

インフルエンザの予防接種の副作用!?熱が出たけど大丈夫?

会社によっては必須になっているインフルエンザの予防接種ですが、副作用がある事は有名です。それは予防接

記事を読む

油

マーガリンが有害?サラダ油もだめ!?何を食べたら良いの?

マーガリンが有害だというのはかなり有名になってきましたが、そもそも何が有害なんでしょうか? 今回は

記事を読む

そうめん

そうめんに合うおかずと言えばコレ!美味しく夏バテ防止しよう

食欲のない夏場にとりあえず何か食べないと、なんて時にありがたいそうめん。しかし、そうめんだけでは栄養

記事を読む

ニキビ

ヴァセリンはニキビやニキビ跡に塗っても大丈夫?

保湿や傷口の保護など万能に活躍するヴァセリン。外部からの刺激から肌を守る事が大きな役割ですが、ニキビ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA





PAGE TOP ↑