*

夏バテの症状ってどんなものがある?吐き気がするんだけど・・

公開日: : 最終更新日:2015/05/15 健康 , ,

いつの間にか四季が無くなった気がします。細かく言えば春と秋が短い!つまり先週までコートが必要なくらい寒かったのに今日は半袖でも暑い。なんて事も珍しくなくなってきました。気候の急激な変化に対応できず体が悲鳴を上げていませんか?季節の変わり目の体調不良なのか夏バテしてしまっているのか分かりにくい所です。では、夏バテとはいったいどんな病気で症状があるのでしょう。

今回は、夏バテの症状、特に「吐き気がある場合」を中心に解説します。

SPONSORED LINK

夏バテの症状とは?

夏バテとは日本特有の高温多湿の気候に体が対処しきれなくなる状態を言います。

熱を体外に出そうとしても湿度が高すぎると汗が出にくく体内に熱が溜まっていきます。更に熱を逃がそうとエネルギーを消費し、普段ならば耐えられる負担に耐える事ができなくなってしまいます。そのため自律神経が乱れ、様々な症状が現われます。

冷房のなかった時代は、猛暑による体力の低下や食欲不振などが主な症状でしたが、冷房が普及した現代では自律神経のバランスが崩れやすくなり症状も多様化しています。

夏バテの主な症状は「体が怠い」「食欲低下」「下痢・便秘」などです。特に食欲不振はエネルギーを補充できないために更に夏バテを悪化させる要因にもなります。

他にも「頭痛」「めまい」「吐き気」も新たな症状として挙げられています。

特に新社会人に多く起こる症状です。理由は「ストレス」。新しい場所で慣れない通勤や仕事など見えないプレッシャーがかかります。そのプレッシャーが疲れとして徐々に体内に蓄積され、夏の暑さに耐えきれず「頭痛」や「吐き気」となって現れるのです。

特に女性に多い症状だと言われていますが、デスクワークをしている女性は室内と屋外の寒暖差に体がついていけず、こういった症状が出やすいと思われています。

オフィス

夏バテ解消法

吐き気がすると食欲もわきませんよね。

しかし、「食べない」と言うのは「エネルギーが補充出来ない」と言う事。いつまでたっても夏バテのスパイラルから抜け出せません。

「ダイエット出来てラッキー!」ではなく「生命の危機」だと捉えて下さい。固形物が食べられないのなら栄養ドリンクやゼリー飲料、アイスでも構いませんのでエネルギーを体内に補給するようにしましょう。

そして、お風呂はシャワーで済ませず、ぬるめのお湯を張った湯船にゆったりと浸かり、しっかりと睡眠を取る事で、自律神経の乱れを整え、昼間冷房で冷えた体を温めてくれます。

ちょっとした吐き気だとしても立派な夏バテのサインです。早めに対処する事で元気に夏を乗り切りましょう!

スポンサーリンク
 

関連記事

油

マーガリンが有害?サラダ油もだめ!?何を食べたら良いの?

マーガリンが有害だというのはかなり有名になってきましたが、そもそも何が有害なんでしょうか? 今回は

記事を読む

えごま

えごま油としそ油の違いは?美肌に効能があるって本当?

最近、ダイエットに効果があるとして注目されているえごま油ですが、スーパーで探してもなかなか見つからな

記事を読む

熱中症

熱中症になったらどうしたらいい?症状別処置方法

ここ数年、夏になると焼けるような暑さの日が続きますね。昔に比べて平均気温が上がり毎年どこかの地域で「

記事を読む

食物アレルギー

食物アレルギーかも!?検査は何科で受けられる?

食事をしている時何だか口が痒い、食後肌に湿疹が!!これってもしかして食物アレルギー!?今まで食べられ

記事を読む

薬

アトピー性皮膚炎に効く市販薬はある?完治した人はいるの?

子供などの肌に湿疹が何度も出てしまう時「アトピー!?」と疑いませんか?アトピーとはどんな病気なのでし

記事を読む

飲み薬

かゆみ止めの飲み薬ってあるの?副作用は?

痒くて痒くて仕方ないアトピー性皮膚炎。痒み止めの塗り薬や保湿剤などを使用している人も多いのでは?でも

記事を読む

ミルククラウン

熱中症予防に牛乳が良い理由と効果的な飲み方

熱中症予防にスポーツドリンクを飲むといいと言うのは定番ですよね。実は「牛乳」も熱中症に効果があるって

記事を読む

新生児アトピー

新生児のアトピーはいつから出る?乳児湿疹との違いは?

産まれて数週間たったくらいから赤ちゃんの肌がボツボツと。これって乳児湿疹?それともアトピー?その違い

記事を読む

ライスミルク

ライスミルクにはどんな栄養がある?健康的にダイエットできるって本当?

第3のミルクとして注目を集めつつある「ライスミルク」。どのようなものなのでしょう。 今回は、ラ

記事を読む

アトピー

アトピーは肌に触れたらうつる?気を付けるべきこととは?

通常、子供の頃にアトピーでも、成人するにつれて治っていきます。ところが、大人になって、ストレスにさら

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA





PAGE TOP ↑